尾瀬

先月、e0131541_22174715.jpg尾瀬沼に久しぶりに行って来た。やはり尾瀬は何度行っても良い。今回は、ニッコウキスゲはまだ早かったが、ワタスゲ群生やレンゲツツジが満開で木道を歩く私たちの心をなごませてくれた。


ただ残念なのは、沼山峠展望台から眺める大江湿原が原生林が伸び、展望が悪くなっている。国立公園であるため伐採も出来ないとのこと。 初めて尾瀬に訪れた33年前、展望台からの大江湿原の素晴らしさが今でも目に焼き付いている。

話が変わるが、我が郷土の白竜湖も偉い大学教授の「一切人の手を加えないのが自然保護」とのことで遊歩道もダメとなった。このままだと白竜湖はなくなってしまうであろう。


小生も自然保護の大切さはわかるが、あまりにも尾瀬も白竜湖も自然保護に関しては杓子定規な感がしてならない。(H22.7.26)

[PR]
by kinchan-kb | 2010-07-26 22:06 | その他 | Comments(0)
<< 今年の枝豆 今年も農作業は遅れています >>