置賜の春⑤

今日は、福島、茨城の余震が強かったようで、本当にまいってしまいます。
皆さま、大丈夫でしょうか?。

今日は、農協の枝豆・野菜部会の総会に参加してきました。例年は、3月実施でしたが、農協の指示で、3月いっぱいは、懇親会自粛のたっしで、今日に伸びました。

皆、自粛で飲食店もあがったり、地域経済も大変な状況です。

ところで、部会長の挨拶で、福島の郡山はキュウリの主産地、それがこの度の、放射能汚染でダメ。
みんな、キュウリを植えれば儲かるのではの挨拶。本音の話だろうが、がっかり。

そして、懇親会に入り私も酒が入り持論の、サクランボ、ブドウの加温栽培について、こういう機会に国も県もやめるように話した。県の先生もそのとおりとは言ったものの、それ以上は乗ってこなかった。そして、農家がいかに収入を上げるにはの話になった。

農家の話を聞いていると、やはり原発でこれから南・東風になったら影響が出るのではの不安。それでも、
いかにしてもうけるにはどうしたら良いかの話ばかり。

それだけ、農家の人たちは追いつめられていることを痛感する。

このような、大災難でも、皆、ゆとりがない、皆、自分のことばかり。

自分のブログを見てくれと、言えないで帰ってきました。

本当に今日はがっかりして帰ってきました。これが現実なのでしょうか?。ブログを見た方、ご意見を聞かせて下さい。


電話/FAX:0238-43-4675(小林欽一)
メール:kin1kb@yahoo.co.jp
e0131541_20214282.jpg


写真/我が集落の最後の日の雪景色(h23.4.6)、
[PR]
by kinchan-kb | 2011-04-12 19:48 | その他
<< 置賜の春⑥ 置賜の春④ >>