原発12

昨日(5日)、米を雪室に保管してもらうため飯豊町中津川に行って来た。ついでに、小屋集落に住むS氏(84歳)老夫婦宅を訪れてきた。

小屋集落は40年前総農家が46戸もあったが、今は過疎化が進み全戸で5戸ほどか残っていない、典型的な過疎集落である。

S氏との話題はやはり原発の話であった。そして、原発事故の対応に対して野党である自民党が揚げ足取りばかりやっていることの、強い怒りであった。長年、自民党は「原発を安全」と言い切り、自分たちが造らせていたではないかとの怒りであった。

こんなに山奥の過疎地の人もみんな原発の不安をかかえている。
e0131541_519083.jpg
e0131541_520231.jpg


写真/昨日の写真は、とうが立った白菜です。摘んで食べると大変美味しいです。
今の写真・上・残雪の中のぶなの新緑。下・水芭蕉/中津川にて①(h23.5.5)
[PR]
by kinchan-kb | 2011-05-06 04:37 | その他 | Comments(0)
<< 置賜の春9 置賜の春8 >>