原発22(無駄な議論もうたくさん)

一昨日(23日)、衆議院東日本大震災復興特別委員会が開かれ、我が山形県選出の近藤洋介、吉泉秀男両衆議員も質問した。小生もテレビ・ラジオで聞いた。
そのなかで、最初に谷垣自民党総裁が質問したが、原発事故の菅首相の「初動対応の甘さ」を指摘していた。「やった。やらない」ではなく、まだ沈静化していない原子炉の対応に集中してもらいたい。

もう、無駄な議論はたくさんです。「原発の安全神話」で、東電も、政府も、安全委員会も、皆あぐらをかいていたのです。皆パニックだったのです。自民党も政権与党だったとしても同じだったと思います。

こんなに、無駄な論議を繰り返さないためにも、「脱原発」の社会をつくることが大切では。

写真/先日、タンポポの花が満開だったのが、ご覧の通り、綿帽子となりました(h23.5.23)
e0131541_674562.jpg
e0131541_694076.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2011-05-25 05:44 | その他 | Comments(0)
<< 原発23(原発ドキュメンタリー... 置賜の春13 >>