原発32(友人も原発心配)

友人のTさんより、下記のメールが送られてきました。紹介させていただきます。
本当に原発さえなかったら、みんながこんなに騒いだり心配したり、しなくてすんだのに。

「最新刊の「アエラ」に須賀川市のある母子の事例を紹介してました。それによると、3歳の女児が突然
鼻血出したと祖母から母親にテレ(母親は文科省に放射能から福島の子どもを守れ!とデモ陳情に上京中だったとのこと。)あったためすぐ新幹線に飛び乗って帰省したとのこと。

もうこんな危ない所(原発から60キロ)にはいられないといって、母子のみ北海道にアパート借りて引っ越したとのことだそうです。(子供は甲状腺が活発で、ヨウ素を吸収しやすく、甲状腺ガンになりやすい
そうですね。)

厳密に対策を講じるなら福島県全域が危ないのかも?。そうなると新幹線も
東北自動車道も危ないことになるから、政府も隠しているのではないかと
勘ぐりたくなります。」
e0131541_5325078.jpg

写真/なんだと思いますか?
[PR]
by kinchan-kb | 2011-06-07 05:25 | その他 | Comments(0)
<< 原発33(映画上映会のご案内) 我が集落から花で元気を発信 >>