原発60(脱原発アクションプログラム⑥)

{迫る地震・津波の危険}

日本は地震国家。「1990年から2000年までの世界の地震震央分布」をみると、日本に集中して地震が起きていることが分かる。

しかし、日本の原発の耐震基準は万全ではなく、津波対策も不十分であった。このことを具体的に指摘されながらも対策を放置してきた電力会社や原子力安全・保安院の責任は極めて重い。

活断層の真上に集中する日本の原発。4枚のプレートがせめぎあい、いたるところに活断層がある日本列島。そのどこかに原発や放射能廃棄物の処理施設を作ることは無謀である。

[地震・津波の危険を伴う沿岸に54基の原発が存在。地震大国日本に原発はありえない
e0131541_1458820.jpg

写真/寺の境内から上を眺める・南陽市小岩沢にて(h23.8.5)
[PR]
by kinchan-kb | 2011-08-08 14:32 | その他 | Comments(0)
<< 原発61(脱原発アクションプロ... 原発59(民主国会議員原発推進... >>