さようなら原発5万人集会④

最初に、主催者を代表して、ノーベル賞作家の大江健三郎さんが挨拶した。

「私たちはだまっていてはならない。原子力のエネルギーは必ず荒廃と犠牲を伴う。だから、原発はいらない。だから、原発に抵抗する意志をもっていることを政党の幹部に知らせる必要がある。」と呼びかけられた。

e0131541_18564731.jpg
e0131541_185714100.jpge0131541_18574371.jpgみんな、真剣に聞き入っていました。
[PR]
by kinchan-kb | 2011-09-21 18:39 | その他 | Comments(0)
<< さようなら原発5万人集会⑥ さようなら原発5万人集会③ >>