脱原発69(さようなら原発集会・登壇者の声①)

  9月19日の東京・明治公園で開かれた「さようなら原発」5万人集会での記録が雑誌「世界・11月号」に呼びかけ人など登壇者のスピーチが掲載されました。抜粋して紹介させて頂きます。

  第1回「人類と原発は共存できない」鎌田慧(ルポライター)

  *野田首相はこれから国連に行って、原発は安全性を高めて再開していくと演説すると発表しています。しかし安全性と信頼性は、すでに破綻しています。それでもなおかつ、再開するというのは、人民に対する敵対であります。

 今日本の8割近い人たちは、「原発はいやだ」、「原発はやめてくれ」、「原発のない社会に生きたい」と言っています。その声を無視して、政治ができるわけはありません。・・・・・・・

  原発社会から脱却する、脱原発運動は、文化革命です。意識を変えていく運動でもあります。皆さん、核に依存して生きることは、人類は絶対にできません。

e0131541_21414587.jpg
写真/福島県会津美里町・新鶴温泉にて・(h23.10.24朝)
[PR]
by kinchan-kb | 2011-10-28 21:12 | その他 | Comments(0)
<< TPP(農業だけでなく国民生活... 秋の農作業は晴天に恵まれました >>