脱原発72(全国護憲大会・2日目③)

2日目午後2時より、①男女共同参画の広場②大震災復興支援コンサート(須貝智郎さん)③ドキュメンタリー映画がありました。須貝智郎さんはのコンサートはいつも聴いているので、③にしました。

ドキュメンタリー映画、松林要樹監督の「相馬看花第一部江部部落」です。この映画は今年の秋、山形で開かれた、山形国際ドキュメンタリー映画際で発表されたものです。
映画祭実行委員の髙橋さんは「原発被災地の状況を、全国に広めてほしいと」挨拶し上映が始まりました。

松林監督は「福島原発事故によって奪われた土地の記録。人がいない無人の時が続けば、文化だけではなく土地の言葉も失われる。その前に、私は何としてもこの惨状を記憶しなければ」と思ったそうです。南相馬市の避難区域20㎞圏内で4月~7月まで、田中京子さんご夫妻を取材した映画。

若い監督が、放射線の髙い避難地区に入りの取材。私のような高齢者は、いつ死んでも良いが、こういう若い人が、被災地に入り、親戚以上になって映画を撮るさまに、感動感動だった。
e0131541_2132428.jpg


写真/映画の時、写真を撮りませんでした。250人と超満員で、山形国際ドキュメンタリー映画際より多かったようです。写真は飯豊町中津川の白川湖・h23.11.3
[PR]
by kinchan-kb | 2011-11-06 20:59 | その他
<< 脱原発73(全国護憲大会・3日目) 脱原発72(全国護憲大会・第2... >>