脱原発77(飯館村を訪ねて②)

飯舘村の放射能除染に住宅は2年で除染出来るとしても、村に帰るのは高齢者の農民ばかりではないかと思った。

そして、田畑は5年除染かかるという、それまで野菜もつくることも出来ない。
村に帰っても、山に山菜採りやきのこ取りも出来ない。そして、田畑を本当に土を入れ替えして除染が出来るとは、小生はとうてい思われない、政府も出来ないことはわかっているのではないかと思う。

飯館村の人は人が良いから、時間が過ぎれば、「あきらめる」のではないかと、思っているのではと、思えてならない。森林は20年。村に残っている人は、生きているだろうか。

e0131541_9202324.jpg
e0131541_921182.jpge0131541_9213439.jpg若い人は、本当に戻るだろうか。若い人で戻る人はいないと感じる。戻って農業に就いたとしても、風評被害はなくなるとはとうてい思えない。

小生は、飯館村の人たちを「生殺し」の感がある。政府も、ハッキリとあやまり、保障して別な場所に安心して住めるようにすべきと、飯舘村を訪ね強く感じた。
[PR]
by kinchan-kb | 2011-12-06 08:55 | その他
<< 脱原発78(飯舘村を訪ねて③) 脱原発76(飯舘村を訪ね①) >>