脱原発94(福島原発と人びと⑩)

今日は、久しぶりの晴天。我が家の雪片付け、平成18年以上の大雪。半日働いて、くたくた。やはり年にはかてない。

明日の午後は、一人暮らしの家の雪下ろしである。
ハウスがつぶれたとの話も多く聞く。これから、ぶどうやリンゴ等の被害が出ることは、この状態では間違いない。


汚染される海

学者たちが「水は拡散されるから大丈夫」と言うが、そもそも「汚染水がたまったから海に捨ててしまえ」という発想が理解できない。

「海の汚染も大変だが、一番の当事者である福島県民が、不満を訴えることが少ないのが悲しい。行動で抗議する人もあまりいないのです。

e0131541_21283474.jpg
e0131541_2129322.jpgこれでは県外の人から「結局、原発特需で潤っている人たちは、なんだかんだ言ったって、原発があった方が仕事が回るし、いいんだろう」って思われるのが、悔しいのです。

写真/雪におおわれているりんご園・米沢市笹野・h24.2.1
[PR]
by kinchan-kb | 2012-02-05 20:59 | その他 | Comments(0)
<< 詩人・真壁仁 脱原発94(福島原発と人びと⑨) >>