脱原発97(福島原発と人びと⑬)

20ミリシーベルト

4月29日、内閣官房参与の小佐古敏莊・東大教授は、年間20ミリシーベルト基準に対し抗議し、30日付けで参与を辞任することを明らかにし、記者会見で次のように発言した。

「年間20ミリシーベルト近い被爆をする人は、約8万4000人の原子力発電所の放射線業務従事者でも、極めて少ないのです。この数値を乳児、幼児、小学生に求めることは、学問上の見地からのみならず、私のヒューマニズムからしても受け入れがたいものです。」

e0131541_23215062.jpg
写真/上杉雪灯籠・h24.2.12
[PR]
by kinchan-kb | 2012-02-13 23:06 | その他 | Comments(0)
<< そば打ち教室で思うこと 脱原発96(福島原発と人びと⑫) >>