脱原発101(福島原発と人びと⑯)

放射能から身を守るということ

放射能から身を守る方法は、政府や警察に避難するなと言われても、制止を振り切って遠くへ避難するしかない。補償が出なくても、自分や家族の体が大切だと思うなら、逃げるほかない。

しかし根本的に原発事故から身を守るには、原発を廃止する以外にはない。

ひとたび事故が起きれば、さまざまなジレンマに出逢うだろう。最良と最悪のどちらかの選択というものはない。最悪か、少しの悪か、どちらかを選ばなければならない場合がほとんどである。


写真/雪をかぶった南天の実・h24.2.1・南陽市若狭屋にて
e0131541_22233222.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2012-02-28 22:06 | その他 | Comments(0)
<< 脱原発102(さようなら原発1... 脱原発100(福島原発と人びと⑮) >>