脱原発105(原発利権にうごめく者たち②)

電事連の事務所は東京・大手町の経済連会館の中に入っている。宣伝広告費の規模などをただしたが、広告担当者は「任意団体なので、収支報告書などに関してはお答えは出来ません」と、けんもほろろの回答だった。

信用調査機関が作成した報告書によると、電事連は社団や財団といった公益法人でもなければ、企業でもない、単なるい任意団体に過ぎない。

会長は、清水正孝東電社長だったが、原発事故後、関西電力社長が4月に後任の会長に就いた。清水氏の退任は都内の病院「がん研」に雲隠れ入院した直前の退任劇だった。(社会新報・2011.5.18付け)

写真/飯豊町手ノ子にて・h24.1.26
e0131541_6916.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2012-03-09 05:46 | その他 | Comments(0)
<< 脱原発106(原発利権にうごめ... 脱原発104(原発利権にうごめ... >>