脱原発116(原発いらない福島大集会⑩)

6人目で最後に訴えた橘柳子さんは、浪江町から本宮市へ避難してきた方でした。橘さんは、戦争を体験したことから「再び棄民されるのではないか」と悲痛な叫びを上げて訴えられた。

6人6人ともそれぞれに、直接聞くと、怒り、悲痛な叫びが私たちに伝わってきた。そして、参加した多くの方々が、真剣に聞き入っていた。
e0131541_1811048.jpg
e0131541_18279.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2012-03-17 17:51 | その他 | Comments(0)
<< 脱原発117(原発いらない福島... 脱原発115(原発さようなら福... >>