脱原発206(原発再稼働の安全基準)

昨日、野田首相ら3閣僚は、関西電力大飯原発の再稼働のための安全性の判断基準を大筋了承したと伝えられた。

やはり、筋書きどおりの状況で、再稼働ありきの結論である。枝野経済産業省は新たに、隣接する京都、滋賀の知事に理解を示す等と語っていたが、昨日は全然そんな話は出てこなかった。

逆に、藤村官房長官は、「法律では地元の同意は必ずしも再稼働する場合前提条件にならない」と述べるなど、開き直りの発言であった。

国としては、どうしても原発ゼロにはさせたくない、ありありの状況が見え隠れしている。
やはり、菅内閣より野田内閣は大変な内閣である。
e0131541_1033240.jpg

写真/白鳥(落ち穂を食べているのか、多くの白鳥が我が集落に残り、雪の消えた水田に降りていました)h24.4.2
[PR]
by kinchan-kb | 2012-04-06 10:05 | その他
<< 遅い春 脱原発205(さようなら原発県... >>