生協・石巻被災ツアー①

4月21日、「生活クラブやまがた」及び「ボランティア山形」が主催した「東日本大震災被災地訪問」3回に分けて行われ、私たちは第2回目に参加してきましたので、遅くなりましたが、写真を主体に報告させていただきます。

大型バスで参加者は43名。取引先の石巻で魚介類を使った練り製品を加工販売し、この度の、津波で、自宅も工場も皆、流された髙橋徳次商店(髙橋英雄社長)より石巻市内を案内していただきました。

石巻まで、約180㎞。いまだに、明日の光を見いだせないでいる多くの方がいることを、改めて教えられました。

そして、私たちが出来ることは、この教訓を生かし生活を見直すこと。東北は食料基地と言われているが、それを支えるには、被災された被災地で生産された物を購入すること。

そして、原発に頼る電気のある暮らしも見直すこと。


写真/石巻市内の住宅街跡、ほとんどの住宅は流され残っているのはわずか、それもこの通り。
e0131541_6512963.jpg
e0131541_6514496.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2012-06-09 06:17 | その他 | Comments(0)
<< 金山峠散策⑦ 生協・石巻被災ツアー② >>