枝豆収穫ようやく終わる

前回(8月28日)から、ブログご無沙汰しました。

この干ばつで、我が家の枝豆は受精しなく、実が肥大しないではと思っていましたが、8月に入って連日の高温のために急に実が肥大し、早生(湯あがり娘)と中生(雪音)の収穫が一緒になり、この1週間は早朝枝豆を畑から収穫し共同作業場に持って行きます。

午前中、機械で枝豆のサヤだけを取ります。そして、午後、我が家の小屋の持ち込んで選別・袋詰めをしてJAに出荷しました。作柄は思ったより良く、収量も昨年より多かったのですが、市場価格は安値で推移しました。

やはり、こんなに暑い中で苦労して収穫しても、経営的には採算があいません。
若者が喜んで農業に従事される時がいつ来るのでしょうか。
e0131541_12192882.jpg
e0131541_12201674.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2012-09-11 11:58 | コバヤシ農園だより
<< 脱原発216(東日本大震災1年... 干ばつで畑の枝豆ピンチ >>