脱原発216(東日本大震災1年6ヶ月にあたり)

あの恐ろしかった東日本大震災から早、1年半となりました。

被災された多くの方々は、いまだに仮設住宅に住み、今年のような猛暑の中で大変な生活を余儀なくされていることに、胸が痛みます。

特に、原発事故で住み慣れたふるさとを追われ、不自由な生活といつ戻れるかわからない状況の中で、どんな思いで苦しんでいると思うと、今更ながら東電と政府に怒り心頭です。


ところで、政府のエネルギー・環境会議が示した3つの選択肢(原発ゼロ、15%、20%~25%)をめぐる議論では、圧倒的に2030年までの出来るだけ早い時期に原発依存を0%にする「ゼロシナリオ」が国民の支持を得ていると聞きます。

   これも、いかに原発の恐ろしさを国民は思ってきた現れです。予断することなく脱原発への流れをみんなで頑張り続けましょう。


e0131541_21332958.jpg
e0131541_21334677.jpg
写真/初めて妻が挑戦し、成功した「梅干し」h24.8.12
[PR]
by kinchan-kb | 2012-09-11 21:10 | その他 | Comments(0)
<< 脱原発217(政府の原発ゼロに思う) 枝豆収穫ようやく終わる >>