戦争が出来る国

この度の衆院選の報道では、改憲党が圧勝の勢いである。今の憲法は「アメリカからの押しつけだから自主憲法を」と言うが、本質は「憲法9条をなくすことにある」、

小生も、平和憲法と言われている、憲法9条を残しての憲法改正であれば、憲法改正には賛成であるが、改憲の目的は、9条をなくし「戦争が出来る国」にすることである。

選挙公約には、「憲法を改正」するとあるが、裏には、「徴兵制度」がある。

大変危険な状況にある。


早い冬の雪となりました。こちらも積雪30㌢程度で、田畑は消えなく根雪になる感じです。写真は我が庭です。(h24.12.12)
e0131541_20373179.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2012-12-13 20:12 | その他 | Comments(0)
<< 脱原発222(各党のエネルギー政策) 「週刊置賜」ありがとう >>