置賜の冬⑧(小国町北小国⑧)

「金目そば」は地元産のソバを使用して、評判は良いが、冬期間は営業はしていなく、写真のとお玄関も雪でうまっていた。しかし、小さな団子のが飾られていた。

40年前は23戸の戸数があったが、今は10戸程度に減少し、水田も10年前から水稲もやめ、津川地区の叶水の人が減反田のソバを刈っているとのこと。

高齢化で野菜を作っている農家も3戸程度であると、金目の人は語っていた。
この集落も町中心部から12㎞離れているため、今後どうなるだろうかと思いながら、帰宅についた。
e0131541_18222177.jpg
e0131541_18224940.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2013-01-22 18:03 | その他 | Comments(0)
<< 置賜の冬⑦(小国町北小国⑦) みそ造りで昔を思う >>