駆け込み退職

地方公務員の退職金引き下げに伴って、駆け込み退職が急増と報じられている。

それが、行政職ばかりではなく聖職と言われていた学校の先生や警察官までとのこと。
時代の流れてとは言うものの、私も割り切れない思いである。

私がその立場だったら、どうしたろうとも思う。

そんなことで、山形県の吉村美栄子知事は、3月1日の実施時期を4月1日に見直ししたいとのこと。

だれでも、減額されることは好まない。駆け込み退職する人も後味が悪い。がまんして定年の3月末まで勤める人も、何となく損した気持ちにもなる。国民も腹が立つ。

今後このような問題が出ないように、国も地方自治体も4月1日に統一すべきである。



写真/団子の木(我が家では、毎年小正月には写真のとおり、団子の木を飾っています。団子の木は隣り部落(大橋)の細谷さんから500円でいただいてきます。フナせんべいは毎年使用できますので、あまりお金もかかりません。)
e0131541_1027143.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2013-01-30 09:24 | その他 | Comments(0)
<< 民主山形県連参院選候補 安倍首相の強い経済 >>