脱原発230(さようなら原発 米沢のつどい)

皆様、ゴールーデンウイークはいかがお過ごしでしたか?。

それにしても寒く、風が強く、鯉のぼりだけが活きよく泳いでいます。さくらんぼは今、満開ですが受粉するのでしょうか。

我が集落も、明日から水田に水が上がります。代掻きが始まります。


ところで、「さようなら原発米沢のつどい」が4月27日、米沢市の置賜総合文化センターで開かれました。


このような、市民による自主的な脱原発の集会は置賜地域では初めてです。会議室で開かれましたが、約100人が集い超満員でした。原発事故から2年以上もなっているのに、問題解決がされていないことの表れです。

集会内容も、南相馬市から津波と原発事故で米沢市に避難してきた、志賀恵子さんの体験を対談形式で、DVD上映(原発で奪われた命と暮らし」、歌声等々、企画内容が大変良かった。

今後も、毎月1回開かれるとのことでした。(次回は5月25日(土)午後3時、米沢すこやかセンター予定)


写真/上・集会  中・みんなで歌声(風車の唄) 下・志賀さん。
e0131541_2272297.jpg
e0131541_2274485.jpge0131541_2287100.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2013-05-08 21:27 | その他 | Comments(0)
<< メーデー参加に感じたこと 県縦断駅伝 南陽東置賜総合V2 >>