脱原発231(原発輸出協定に違和感)

安倍首相は、ゴールデンウィークにトルコに行って「日本の原発を輸出するための協定に署名した」、

記者会見で「原発事故の経験と教訓を世界と共有し、原子力の安全向上に貢献していくことは、日本の責務だ」と強調したという。

いまだに、原発事故に問題がありながら、よくも「原発事故の経験と教訓」と言えたものである。

以前にも語ったが、新幹線の輸出やインフラ整備などの輸出と違って、原発は問題が大きすぎる。
金儲けのためには、なりふり構わないのには違和感を禁じ得ない。


ネズミ1匹に停電し大騒動なのに。なにが、「経験と教訓を世界と共有したい」と語る資格があるのかと叫びたい。


写真/5月3日、尾花沢市の花笠マラソン大会に参加してきました。
当日は風が強く、徳良湖の鯉のぼりは活きよいよく泳いでいました。
e0131541_2218352.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2013-05-14 21:41 | その他 | Comments(0)
<< 退職者よ家庭菜園に挑戦を メーデー参加に感じたこと >>