脱原発232(どうしても納得いかない原発輸出)

前回も、原発輸出の件を語ったが、どうしても納得いかないので、また、安倍首相のトルコへの原発輸出に続き、インドにも輸出することを共同声明で合意した。

新幹線やインフラ整備、農業・医療などは理解するももの、

原発は次元が違う、首相のトップダン方式で大企業のために貢献することに違和感を感じる。

たしかに、原発輸出はもうけも大きいであろうが、いざ事故ともなれば企業が責任を持って、補償できるものではない。結果的に国も救済にまわざる終えない。それは国民の税金である。

今、国民の多くの人が原発輸出には反対であるだろうが、マスコミは原発輸出のニュースは伝えるものの。国民を代弁しての原発輸出反対の社説は一切どこの新聞にもない。

トップダン方式の外交は、国民の総意の中でやるべきである。


写真/昨年12月我が集落で、共同で「みそ造り」を行いましたが、昨年も足りなかったので、今年は、個人的に我が家で「みそ造り」をやりました。丹波の黒豆のため黒い色です。(h25.5.17)
e0131541_2226671.jpg
e0131541_22264687.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2013-05-31 21:57 | その他 | Comments(0)
<< 水稲は宝物 やまでら御開帳① >>