ねじれ解消は選挙の焦点ではない

自民党やマスコミは、今参院選の焦点を「景気回復」と「ねじれ解消」と言っていますが、

景気回復は、どの政党も望んでいるものであります。ねじれを解消し自民公明が圧勝うれば、思いのままの政治が出来る状態となります。

今選挙の焦点は「消費税、原発、TPP、憲法、普天間」問題の5点なのです。国民は、原発をなくしてもらいたい。平和憲法は変えないでもらいたいと願う人が多いため、景気回復のアベノミックスやねじれを前面にしているのです。このままでは、自公の思いのままになります。
e0131541_15341366.jpg


社民党も不十分なところが有りますが、社民党が政党要件をなくすようなことにならば、野党共闘は弱体化し、弱肉強食が益々進み、平和と民主主義や憲法改悪・軍国主義が加速することは明かです。

社民党に対するご理解を皆様にお願い申し上げます。
[PR]
by kinchan-kb | 2013-07-17 14:58 | その他
<< 右傾化進む労祖 「舟山やすえ」にご支援を >>