脱原発233(汚染水1日300㌧)

原発の再稼働や外国への原発輸出等国民世論とはかけ離れた、安倍自民党政権。

福島原発の汚染水が海に流れ出し、東京電力はそれを食い止められず、とうとう国が国費を投じて対策に乗り出すことになった。

今ですら、タンクは既に飽和状態とのこと、これだけでも今後の汚染水対策にも膨大な血税が投入される。

廃炉にするためにも見通しはない。「原発は安い」の論理・宣伝は完全に消滅。

それなのに、原発依存に突き進む風潮は、戦中の「負け戦」と変わらない気がしてならない。

写真/我が家の畑付近にて・h25.7.28


e0131541_626710.jpg
e0131541_6254093.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2013-08-09 06:03 | その他 | Comments(0)
<< 庄内農協の独禁法違反に思う 自民党支持は18% >>