護憲2(日本国憲法・前文①)

現行憲法は第2次世界大戦で悲惨な目に遭った日本人が、国内だけではなくアジアをはじめ世界各国
の民衆に向けた平和を希求する決意と高い理想の表明です。

ところが、自民党案は、現憲法は占領軍が日本が武装解除し、国防をなくしているから、国民の命を守るため今の憲法を変えなければならない。

そのため、人類普遍の原理・崇高な世界の理想をうたった現行憲法の前文をすべて削除し、天皇制、国防、華族制、経済問題に矮小化しています。



写真/先月のお彼岸に、米沢教会で、佼成会本部の法輪閣で「彼岸供養」が開かれました。
e0131541_21123528.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2013-10-08 21:13 | その他 | Comments(0)
<< 護憲3(日本国憲法前文②) オリンピック心から喜べない >>