表日本と裏日本

e0131541_13165996.jpg
皆様、遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今年も、山形・置賜の風景を主体に掲載します。ブログ宜しくお願いします。

昨年暮れ、横須賀に住んでいる息子の所に行ってきました。

12月29日朝、赤湯は吹雪、トンネルを抜けると福島は晴天で雪はなし。
元職場で、太平洋側に住んでいる人は、日本海側の県に転勤を希望する人はいなかったそうです。
太平洋側は表日本・日本海側は裏日本と呼ばれたいました。一山超すとこの様な状態ですから、
太平洋側に住んでいる人が「表・裏」と表現するのもわかりますが、やはり差別言葉ですね。

でも、この度の東日本大震災での大津波を被害状況を見ると、雪が多くとも仕方ないかと思う昨今です。

写真/昨日(7日)久し振りの晴天でした。市内を回り写真を撮ってきました。白龍湖より。
[PR]
by kinchan-kb | 2014-01-08 13:17 | その他 | Comments(0)
<< 雪国の人は貧乏人を実感 脱原発234(政府へ脱原発の声... >>