息子のこと知らない親父

e0131541_12002132.jpg
e0131541_11593501.jpg
横須賀の息子と元旦の夜に我が家で、酒を飲みながら久し振りに話をした。

無口な息子は、常にはほとんど電話もよこさない。昨年10月に転勤になったことも、
この度、初めて聞いた。通勤時間が長く、朝早く夜遅く、帰って寝るだけの生活のこと。

そんなにしてまで働いて頑張っている。そんな様子に、社会の矛盾を考えないかと、問うが、
それは解るが、考えるゆとりもないとのこと。

今、若者が政治に関心がない。と言われているが、政治不信もあろうが、社会の矛盾も解るが、そんな考える余裕もないようだ。

長崎県で市民運動をやっているMさんから、毎月お便りを頂戴しています。その中で「がんばりましょう!と言っても、近頃
身体がいうことききません。」と言ってきました。そして、「この正月「良いお正月を迎えられましたか?。頭痛の種のアベ政権は頭から離れませんが頑張りましょう。と言ってきました。私より年配の方が頑張っているのがから、誤っていることはダメと自分も頑張らなければと、自分に言い聞かせている、今年の新年でした。


写真/1月7日、白龍湖に写真撮りに行ったとき、釣りをしている3人と会いました。
小さなフナでしたが、見ている間に、次々と釣れていました。これでは面白くてしょうがないですね。
バケツに一杯になっていました。

[PR]
by kinchan-kb | 2014-01-16 12:00 | その他 | Comments(0)
<< 南陽市九条の会学習会の御案内 箱根駅伝から >>