特定秘密保護法廃止の署名運動に全力を

e0131541_22165590.jpg
   安倍政権は昨年12月「特定秘密保護法案」を強行採決し成立した。2週間のパブリックコメントで77%が反対し、多くの人が国会周辺をはじめ全国で反対の声を上げ、福島で行われた衆院公聴会では全員が反対、慎重審議を求めたが、十分な審議もせず数の力で押し切った。
 
  この行為は、民主主義を破壊する暴挙で断じて認められない。社民党は「特定秘密保護法廃止対策本部」を設置しました。

  今国会に、野党共同で「同廃止法案」を提出します。廃止すべく、請願署名運動を実施します。皆様のご理解とご協力で廃案に向け頑張ろう。第1次締切4月30日。

 *署名用紙は社民党HPでダウンロード。  *署名にご協力いただいた方は、小林欽一まで。〒999-2223
山形県南陽市爼柳1623


写真/社民党県連と県平和センター新春旗開き/2月1日、山形国際ホテルに200人が参加。


[PR]
by kinchan-kb | 2014-02-08 22:17 | その他 | Comments(0)
<< 石原前知事の責任はないの 東京も記録的大雪とのこと >>