原発再稼働と軍事国家への道を許すな②

しかし、悲しむべきことに人間は学習し、そして忘却する。あの福島の原発事故はなかったかのように再び原発が復活しようとしている。

そして、海外にも輸出するという。原発が必要だという。安全が確認されたという。

しかし、「完全な安全」はないのであるから安全性より危険のリスクがどれくらいあるのかを問題視すべきだ。原発というのは危険のリスクが大きすぎて再開すべきものではない。

原発に頼らずとも電力は作り出せる。また、原発のコストは他の発電に比べて決して安くない。補助金と電気料金への上乗せで国民を利用者への二重負担により安く見せかけているだけである。

結局のところ「原発に群がる者たちの権利(儲け)」欲しさの政策でしかない。

写真/酒田(旧平田町)めんたま畑
e0131541_07193805.jpg
e0131541_07190354.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2014-06-21 06:17 | その他 | Comments(0)
<< 原発再稼働と軍事国家への道を許すな① 原発再稼働と軍事国家への道を許すな③ >>