寒中お見舞い申し上げます(寒中見舞いハガキ)

寒中お見舞い申し上げます   

 妻の兄(新庄市)が今年1月4日、74歳にて永眠しました。尚、明年も喪中にて新年のあいさつを失礼させていただきます。

 
今後とも、変わらぬご交誼をお願い申し上げ、昨年の特徴的な近況をお伝えし、寒中お見舞いの挨拶とさせていただきます。

①化学肥料や農薬、除草剤を極力使わないでの野菜作りに自信を持って栽培出来ることを確信。消毒しないと天敵増えています。


②5年ぶりに長井フルマラソンに挑戦したが、制限時間ギリギリのゴールで、肉体の衰えを痛感。きつく歩いてしまいました。


③英国の女性旅行家、イザベラ・バードが歩いた越後米沢街道十三峠を初めて踏破。一度歩いてみたいとの思いがかないました。


④退職後、「第2の人生をいかにすごすかが大切」と青春時代に学んだ先輩兄が力説、熱意に圧倒され「社会人講座おいたま」を立ち上げ毎月1回開催。6月に講座100回達成。こんなに続くとは。               

  平成27年大寒

 
       999-2223 山形県南陽市爼柳1623
          小林 欽一・美千子 
 *ブログ
   欽ちゃん通信 山形県南陽市
         http://kinchan123.exblog.jp/


e0131541_21152086.jpg
写真/「大寒の今日(h27.1.20)我が家の小屋の北側は雪でいっぱいです。
[PR]
by kinchan-kb | 2015-01-20 21:25 | その他 | Comments(0)
<< 影法師が脱原発コンサートに 「9条が好きと言えなくなって・... >>