化学物質過敏症

Aさんは、職場環境の悪さから、化学物質過敏症の病気になりました。

我が家では無農薬野菜を栽培していますが、私は消毒した農産物を食べても判別出来ませんが、Aさんはスーパー等で農薬の強いものは敏感に反応し、消毒をしない我が家の野菜は違うと言います。

TPP(環太平洋経済連携協定)は大筋合意が伝えられ、経済的に損得だけが論じられています。益々、遺伝子組換食品や農薬基準が緩和された外国産農産物が大量に輸入されるのが心配です。

昔、子供のアトピーの話しは聞いたことはありませんでした。これも、食品の添加物等の化学物質の影響とのこと。TPP問題は終わったわけではありません。Aさんの苦しんでいる様子を見るにつけ人ごとではありません。(爼農地水環境通信No106号・h27.10.15)
写真/収穫の秋・南陽市爼柳字早稲田にて・h27.9.29
e0131541_05194463.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2015-11-02 05:20 | 俎柳農地水環境の会 | Comments(0)
<< そば収穫 戦争法案成立に怒り >>