環境講演会を聞いて

e0131541_2264673.jpg  先月、山形県環境アドバイザーの橋本聡氏の講演を聞いた。橋本氏は大阪のパソコン機器メーカーに勤めていたが、環境問題の深刻さに気づき、都会の便利快適な生活にピリオドをうち、11年前に高畠町に移住し環境問題をテーマに精力的に講演活動を続けている。

輸入しても食べ残す不思議な日本の食問題や北極等の温暖化問題、CO2対策の各国の状況、本当の豊かさとは等々。スライドを使って解りやすくユーモアのある講演で2時間があっというまであった。

 テレビや新聞等で地球温暖化等の問題は知っていたものの、自分のこととは理解されず他人事と思っていました。直接、橋本氏の話を聞いて、人ごとでないことを知らされた。こんなに凄う講演は初めてとの声多々。是非、地域や職場、組合等で企画願いたいと痛感した。(h20.12.1)
[PR]
by kinchan-kb | 2008-12-01 21:56 | 庶民雑記 | Comments(0)
<< 労働者派遣法の抜本改正を 山村で生きる栗田ご夫妻を訪ねて >>