カテゴリ:庶民雑記( 113 )

新年の元旦に感謝感謝

私の元旦は、立正佼成会の元旦参りから始まり、川西元旦マラソン、まどか入浴、鎮守様参拝をして新しい年を毎年迎えています。

この平凡な繰り返しに感謝感謝年でした。だが最近急に足の衰えを感じ、いつ走れなくなるのでは。党支部通信もいつまで続けられるか。

また、昨年12月、金子勝氏の講演会は盛況だったが、友人から「年寄りばかりの参加では将来に展望がない」と指摘された。私も返す言葉も見つからず思うようにならないのが現実。労働組合員の参加も少なくなっている。

年末物資斡旋で各組合を訪問したが以前とはまったく違う。それでも、快く対応いただいた方々にもめぐり会い力をいただいた。出来ることを一歩一歩です。今年も宜しく。(社会新報南陽通信117k号・h30.1.1)

[PR]
by kinchan-kb | 2018-01-14 13:15 | 庶民雑記

森友学園、こんなに新聞は違うものかと驚くへの

12月28日、外仕事が終わらないのでラジオで衆院予算委員会を聞いた。森友学園への国有地売却を巡り、8億円値引きの問題について共産党の宮本氏が関西テレビが報じた音声データーは値引きを前提にした口裏合わせと追求したが財務省は否定していた。


ここまで証拠が出てきたのに絶対認めない政府と官僚に腹が立つ。

安倍首相は口では真摯・丁寧と言いながら昭恵夫人の国会招致は拒否。翌日の新聞を見たら朝日、毎日は大きく掲載。読売は申し訳程度、産経は一切ふれていない。こんなに新聞は違うものかと驚く。

平日、国会審議を見られるのは我々老人達。森友・加計問題は国民が今も一番疑問なのに、一方、日馬富士暴行問題は連日連夜の報道。(社会新報南陽通信no116号・h29.12.1)

[PR]
by kinchan-kb | 2018-01-03 19:23 | 庶民雑記

衆院選は負けたけれど

    この度の衆院選は負けることのない選挙なのに小池百合子希望の党の出現で安倍総理を喜ばせる結果となった。

    小選挙区では自民党の得票率は48%なのに議席は75%。比例でも自公あわせても半数に達していない議席なのに3分の2を超える議席を与えることになった。

    でも、北海道や岩手、新潟、長野、佐賀、沖縄で野党候補者の一本化を図った選挙区では自民党候補者に勝った。山形では一本化が出来ず残念でならない。

    でも、あのまま小池新党の排除発言がなかったら、自民党と変わらない保守2大政党が日本に定着する可能性もあった。それを思うと安堵する気持ちと「安倍1強」の暴走を許せない気持ちが交差し、もう少し頑張らなければの心境。(社会新報南陽通信no115号・h29.11.1)

[PR]
by kinchan-kb | 2018-01-03 19:18 | 庶民雑記

近藤洋介候補者に投票する

前回の衆院選では、近藤洋介民主党公認候補が「TPP容認」の態度であったので、小生は白票。

自民党は「TPP絶対反対」であった。結果は安倍自民党大勝となった。

今回は安倍暴走政治を許さないためにも野党統一候補の擁立を願っていた。だが、近藤氏はみんなが無所属出馬を願いながらも希望の党へ。残念でならない。現在の小選挙区制では一人しか当選出来ない。でも、今回は白票はしない。

憲法擁護の政党に投票したいが、現実の小選挙区制では死票になってしまう。希望の党には色々疑問あるものの、自公暴走政治を止めるために小生は近藤洋介候補者に投票する気持ちとなった。自分の思うようにならない世の中だが、今は少しずつ変えるしかない。(社会新報南陽通信no114号・h29.10.10)

[PR]
by kinchan-kb | 2018-01-03 19:11 | 庶民雑記

北朝鮮弾道ミサイルとアラート速報

8月29日朝、私は自宅にいた。防災無線の音がするがわからない。ラジオは北海道、東北・関東等に危機を伝え地震かと思った。テレビを見ると、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したというJアラートの速報であった。

ミサイルを撃破する能力があると言われているのに。広範囲な緊急情報には違和感を感じた。その後にお会いした人は口々に「怖かった。恐ろしかった」等々の声ばかり。安倍首相は私邸住まいと聞くが早朝より官邸での記者会見。

ひねくれ者の私は、なにかげせないものを感じた。北朝鮮に対しては厳重に抗議するものの、北朝鮮の脅威・日本の軍備力増強が心配だ。武力では平和は守れないことは歴史が語っている。根気強く対話の外交を願う。(社会新報南陽通信no113号・h29.9.5)

[PR]
by kinchan-kb | 2018-01-03 16:08 | 庶民雑記

トップの発言が本当に正しいとは限らない

安倍首相が就任して4年前のこのコラムで「安倍首相は支持率の高さで自信を強め海外でも熱弁。集団的自衛権の行使容認発言はもっとも危険なのに、自信を持って話されると、人間本当のように聞こえるから不思議なものです。


トップの発言が本当に正しいとは限らない要注意」と述べたが、その後も、やりたい放題。それでも安倍首相の支持率は50%台を保っていた。ところが、東京都議選で自民党惨敗で内閣支持率急落。安倍政権批判報道自粛が解消したかのよう最近のマスメディアの変わりようは目を見張るものがある。

国民もマスメディアも積もり積もって爆発したのだろう。4年という道のりは長かったが、天はバランス感覚はたしかにあると確信する。(社会新報南陽通信no112号・h20.8.1号)

[PR]
by kinchan-kb | 2018-01-03 15:58 | 庶民雑記

孫を見ていると、いつまでも平和な日本であってと願う


特定秘密保護法、戦争法(安全保障関連法)そして共謀罪、今度は憲法改正と安倍1強政権に国民の声を聞かずにつっぱする安倍首相。

強行採決すればいつも「丁寧な説明」と口先だけ。それでも、支持率が高く、小生は安倍首相のテレビに映る顔も見たくないイライラの日々であった。

東京都議選での自民党惨敗には、まだまだ都民(国民)は見ていると安堵した。我が家は3月から神奈川県から息子家族が帰郷し、一挙に7人の大家族となった。

息子夫婦を見ていると仕事と子育てで精一杯である。天真爛漫の孫を見ていると、いつまでも平和な日本であってと願わずにはいられない。都民ファーストが国政に進出との憶測。益々、日本は右傾化が進むことに懸念。(社会新報南陽通信no111号・h29.7.5)

[PR]
by kinchan-kb | 2018-01-03 15:47 | 庶民雑記

舟山康江参議院議員の参議院本会議で

舟山康江参議院議員は5月12日の参議院本会議で、農業競争力強化支援法の採決前の反対討論を行いました。ほんの一部ですが紹介します。

「この法案の内容は規制改革推進会議が提案した内容と同じ。つまり、安倍政権は官邸主導の市場原理主義を振りかざす有識者と呼ばれる顔ぶれで決められ、農水省の政策や議員、国会の声よりも民間委員で決められているのが現実です。

国会が余りにも軽視されています。与党の皆さんも物が言えない状況に押しやられているのではないでしょうか。農業者は、農業生産と併せて、地域活動を支える担い手であり、伝統や文化の継承者です。企業にこれらの役割を果たすことは期待できません・・・」詳細は舟山事務所へ照会。(社会新報南陽通信no110号・h29.6.1)

[PR]
by kinchan-kb | 2018-01-03 15:33 | 庶民雑記

本当に福島は安全なのでしょうか

4月から東京電力福島第一原発の帰還困難区域を除き避難指示が解除されました。自主避難者の住宅支給も廃止です。やむなく戻った方々がいます。本当に福島は安全なのでしょうか。

チェルノブイリの避難基準は5ミリシーベルト日本は20ミリシーベルト。日本はお金持ちなのになぜといっているそうです。

私の知人に化学物質過敏症で苦しみ、2年前は電磁波過敏症で苦しんでいます。私は何もしてあげられないのが残念です。文明が便利になり、生活が豊かになったというのに。昔は花粉症やアトピーの話しは聞いたことがない。

日本は安全基準が厳しいと言われているが、本当にそうだろうか。経済優先でコマーシャルに踊らされていないだろうか。(社会新報南陽通信no108号・h29.5.1)

[PR]
by kinchan-kb | 2018-01-03 15:25 | 庶民雑記

森友学園と日本会議

森友学園の幼稚園で教育勅語を暗唱させ、運動会では「安倍首相がんばれ」「安保法制、国会通過よかったです」と園児が選手宣誓するのには驚いた。

今の日本の国で、北朝鮮ではあるまいし。一連の問題が明るみに出ていなければ、この4月に小学校が開校し、安倍首相夫人・昭恵氏が名誉校長になっていただろうと考えるとゾーッとする。


小生の知り合いに、「日本会議」の人がいる。人間的にも堅く立派な人であるが、今の若い者は根性がなく愛国心がないと語り、全員1年間を自衛隊で訓練が必要だ等と言うので、いつも話しがかみ合わない。


この4月、教育勅語を学校教材として活用することは否定しないと閣議決定。現閣僚のほとんどが「日本会議」とのこと。(社会新報南陽通信No108号・H29.4.10)



e0131541_5583264.jpg
写真/飯豊山を望む・h29.4.
[PR]
by kinchan-kb | 2017-05-03 05:59 | 庶民雑記