<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

義と愛の旅・越後

   社会人講座では、NHKテレビ「天地人」にあやかって、直江兼続の足跡を訪ねてみようと、昨年の春に米沢。今年の春は出羽の関ヶ原と称されている長谷堂城跡等を地元の安達さんの案内で回った。


   第3弾の最終回は10月25・26日の紅葉の美しい季節、大久保さんの案内で兼続の生涯を辿って越後と会津を尋ねた。


  e0131541_21201428.jpg兼続が誕生した坂戸城跡(六日町)を振り出しに、春日山城(上越市)、神指城跡(会津)と全行程682k。特に、兼続が幼少の身ながら両親と離れ、六日町から上越に移り住んだ。山また山の遠い道のり、車も何もない時代、当時の大変さを実感した。それから、地元の人に道を聞くと、「どこから来たの?」、「米沢」と返すと、親戚のような好意的返事が、いつも帰ってくる。「天地人」効果に驚くばかり。
 

  テレビの天地人も今月22日で終わるが、直江兼続の「義と愛」の精神を忘れることなく、人として恥じることのない生き方を少しでもしたいものだと思う。(この気持ちがいつまで続くやら)・(h21.11.15)
[PR]
by kinchan-kb | 2009-11-15 20:51 | 社会人講座おいたま

原発はエコでない

  鳩山首相は国連で、2020年までに温室効果ガスの排出を1990年比で25%削減する」と約束しました。民主党もマニフェスト等で「原子力利用について着実に取り組む」と主張しています。

 25%削減は大歓迎ですが、このまま原発推進で良いのでしょうか。日本は国土が狭く、地震の多い国です。もし重大事故が起きれば、取り返しのつかないことになります。
 「日本では何重にもチック体制が行き届いているから安全だ」と聞きますが、今までも大事故一歩手前の事故が発生しています。また、電力会社等は、CO2をださないクリーンなエネルギーをうたい文句に進められてきました。
 たしかに発電時には出ていませんが、再処理工場等の核燃サイクル関連施設で80万㌧超の温室効果ガスが排出されていると言われています。
 
 先月、東京で約7,000人が参加して「NO NUKES FESTA 2009・放射能を出さないエネルギーへ」の集会が開かれました。参加者は、新政権に対して、原発の新増設を中止し持続可能な社会を目指す方向にエネルギー政策を転換することを求める集会アピールを採択しました。
 新政権は、原子力行政を根本から問い直し、①本当に必要なのか。
②安全性は大丈夫なのか。
③経済的に見合うのか等を将来の子ども達のためにも真剣に検証してもらいたい。(h21.11.1)
e0131541_19504722.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2009-11-01 19:44 | その他

政官財の癒着

  早いもので、民主党が衆院選で圧勝し2ヶ月が過ぎた。自民党は、ことあるごとに「自民党は責任ある政権政党」と、野党にまかせたら大変な日本になるようなことを言い続けてきた。責任ある政権政党が、今まで無駄なダムや飛行場、高速道路等々を建設し、国民の血税を投入してきた。

大規模公共事業が皆悪いとは言わない。以前、小生も田植え時期は水不足に悩まされ、水窪ダムの有り難さを実感している。昨年3月、小国に横川ダムが完成した。本当に必要だったのか疑問をもっていた。


思い返せば、葉山の大規模林道建設。当時、原敬一氏等が「葉山の自然を守る会」を結成し、国を相手に壮絶な反対運動をおこし中止させた。中央の新聞にも取り上げられ、全国の大規模林道も中止に追い込んe0131541_18435997.jpgだ。政官財の癒着そのものであった。自民党政権はあまりにも長すぎた。今、私たち国民はようやく目を覚ました。(h21.11.1)
[PR]
by kinchan-kb | 2009-11-01 18:34 | 庶民雑記