<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

被災地へ⑤

阿部さんの玄関前に乗用車3台が乗り上げられていた。
どこの自動車と聞いたら、阿部さんの庭の駐車場の置いていた車だ、玄関先に乗り上げたとのこと。

阿部さんの2人の娘さんは、明るく振る舞って下さったが、私たちボランティアも帰り、時間が過ぎると落ち込むのでは。私たちは、これからが本当の支援者にならなければならない。

そして、ただのボランティアではなく、私たちは菩薩行でなければならないことを教えられた。
e0131541_11305588.jpg
e0131541_11315724.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2011-03-29 11:14 | その他 | Comments(0)

被災地へ④

2日目の佐藤さんでは、秋に玄米で10袋を農家から購入していたとのこと、津波で食べられなく、みな捨てな
e0131541_1110234.jpg
e0131541_11122572.jpgければならない。農家の私でももったいがないが、どうしようもなかった。

写真/紙袋が破れビニール袋に詰め替えて捨てた。
e0131541_1110234.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2011-03-29 11:02 | その他 | Comments(0)

被災地へ③

3日目に行った阿部信寿さんは大農家で、水稲栽培の専業農家のようでした。
大型農機具も水に浸かり、動くのでしょうか?。水田はがれきと自動車、どせき、海水をふくんだ土。
今年はもちろん、復旧は望めません。塩水をふくんだ水田はいつ、田植えが出来るようになるのでしょうか。

写真/阿部さんの農機具とビニールハウス


e0131541_1056028.jpg
e0131541_10573368.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2011-03-29 10:45 | その他 | Comments(0)

被災地へ②

見渡す限り、田園だったところが、電柱が横たわり、残骸と乗用車や大型トラックがあちこちに流されている。10台20台、100台200台ではない。私たちが見ただけでこれだ。

石巻や女川、南三陸等は遺体の捜査もままならないとのこと。ここで、これだけの被害なのに。

e0131541_10432446.jpg
e0131541_10442137.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2011-03-29 10:28 | その他 | Comments(0)

被災地へ①

3月26日~28日、被災地へボランティアで行かせていただきました。
テレビ・新聞で見て今回の津波の恐ろしさは知っていたものの、実際にまのあたりにして声も出ませんでした。
ただただ涙が流れるばかりでした。


1日目は、支援物資の仕訳を行いました。
2日目は、多賀城市大代の佐藤てる子さん宅の片づけ・搬出作業に行って来ました。
3日目は、仙台市宮城野区岡田の阿部信寿さん宅の納戸等の物を出したり、洗浄、掃除等でした。


e0131541_10271587.jpg
e0131541_10281662.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2011-03-29 09:44 | その他 | Comments(0)

人間は皆弱い

小生、「人は強いことを言っていても皆、弱い人間である」と思っていました。そして今、自分がこんなに弱い人間であることを改めて自覚しました。

 3月11日の震度5弱の恐ろしさ。その後の余震、酒でも飲まないと眠れない日々。テレビやラジオを聞いていても、ドキドキ。

 被災された方々と比較すれば、胸がドキドキなんて、言っていられないのに。本当に弱い人間です。今日は余震がないと思っていたら、9時前また余震。家内もだいぶまいっている様子。皆さん、電話したり
、情報交換して下さい。みんなまいっているのです。みんな弱い人間なのです。

明日、2泊3日で仙台にボランティアに行って来ます。

e0131541_21474482.jpg

写真/今の白竜湖(h23.3.23) /写真取り込み、ダメ今回写真なし。    
[PR]
by kinchan-kb | 2011-03-25 21:30 | その他 | Comments(0)

原発②

心配していたことが、現実のこととなってしまいました。地震や津波は考えられないほどの被害ですが、「天災」ですからあきらめも出来ると思います。

  でも、原発事故は、「人災」です。私たちは、これまでも狭い日本で、地震が多い国で、そして世界でただ一つ原爆を受けた被爆国として、原子力発電建設には強く反対してきました。

  しかし、原発は火力発電や自然エネルギーと比較して、圧倒的に大きな利益を電力会社があげることが出来るため、電力会社は、自民党や民主党に政治献金。また、御用学者を育ててきました。

  まさしく、「産官学」が癒着して、原子力利用を推進してきたのです。「癒着」とはこんなに大変なことになるのです。(h23.3.17)


写真/高畠町安久津(h23.3.3)
e0131541_20215029.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2011-03-22 20:09 | その他 | Comments(0)

サクランボの加温

写真は隣部落の農家のサクランボ園です。今は、ビニールを掛けて加温して早期にサクランボを出荷するために栽培しています。

このような状況であるから、灯油等で加温はしないだろうと思っていました。

昨日の朝(午前6時頃)サクランボ園を通ったら、温風の音がしました。加温しているのです。その後、6時半頃は、太陽も出てきたので止まっていました。

タンクに燃料が詰まっているから、少しでも早く出荷して、高く売るのでしょう。農家の気持ちはわかります。
そんなことから、燃料を焚いてするのはやめろとは私は言えませんでした。

今までは、国も県も奨励してきました。これからは政策転換をはからなければならないと思います。
山形県内では、サクランボやぶどうを栽培している一部の農家でハウスの加温栽培をしています。

お金持ちが食べるものに、大切なエネルギーを使ってもらいたくない。



e0131541_137156.jpg
写真/h23.3.9(今はハウス内は全然雪はありません)
[PR]
by kinchan-kb | 2011-03-21 12:25 | 地域情報 | Comments(0)

ボラんてりやー③

e0131541_21145228.jpg
ボランテリャー③e0131541_21151167.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2011-03-18 21:10 | その他 | Comments(0)

ボランテリャ②

写真ものみ(酒飲んであとはダメです)
e0131541_2135265.jpg
e0131541_215225.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2011-03-18 21:05 | その他 | Comments(0)