<   2011年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

大先輩への弔辞

私たちの同志、大先輩の渡部伊太郎氏(84歳)が8月25日永眠致しました。
今日、告別式がおごそかに営まれました。心からご冥福をお祈り申し上げます。


弔辞
 渡部伊太郎さん。昨年12月9日の南陽きずな会の集まりでは、伊太郎さんが講師で「たたかいの裏面を語る」のテーマでお話を聞かせて頂きました。A4版のレジュメ1枚で、1時間半もお話しされましたね。伊太郎さんの記憶の良いことには、みんなが驚かされました。また、私は同じ町内に住んでいながら、伊太郎さんの生きざまを改めて知ることが出来ました。

 あの時、今思うと「最初で最後の本音」の話だったと思います。そして、息子さんの峰一郎さんが会社を継ぐことになり、「峰一郎にも人間として色々教えていかなければならない。好きな、俳句についても日本の純粋な俳句を作りたい等と、80歳を過ぎた人とは思えない青春そのものの伊太郎さんでしたね。

 その後、体調を崩されたとのことで、お見舞いにお伺いしたときは「今年の大雪と地震には参ってしまった。と笑っていましたが、私たちでさえ余震にはビクビクの日々でした。今月の7日にお伺いした時は、私のこともわからない感じで、いつもしっかりしている伊太郎さんとは思えず、涙が止まりませんでした。

 今思うと、12月の南陽きずな会の時、録音テープを録っておけばと悔やまれてなりません。伊太郎さんとおつきあいさせて頂くようになったのは、大竹俊博さんが県議・市長選で戦った頃からでしたね。本当に民主化運動のため自分のことのように、一生懸命でした。同じ町内にこんなに自分の信念を持っている人がいるのかと、感心させられました。

 その後、社会党が社民党に変わり、同志も少しずつ少なくなりました。それでも、私たちは、「社民党が主張する「共生と連帯を掲げる社会民主主義」を信じ微力ながら頑張ってきました。社民党が小さくなって、「社民党の時代は終わったと、陰口を聞きながらも、今まで頑張ってこられたのも、高齢ながら、私たち後輩をご指導下さってくれた伊太郎大先輩がいたからです。

 今、小さな小さな南陽支部になりましたが、春の観桜会、夏のバーべーキュウ、秋の芋煮会、冬の新年会と総会は毎年恒例となりました。いつも伊太郎さんは、お酒を飲まなくても参加し、ニコニコと一緒に語りあったことも、今では楽しい思い出となりました。本当に、家族的絆を深めることが出来たのも伊太郎さんのおかげです。

 福島第一原発事故は、いまだに収束のめどが立っていません。社民党は、一貫して「脱原発」を掲げて今日まで訴えてきました。本当に伊太郎先輩を信じてきて良かったと思います。
 そして、「核と人類の共生はありえない」ことも確信しました。

 伊太郎さん。最後になりますが「他の人はなにを言おうとも、伊太郎さんの考えと生き方は間違っていなかったと思います。自分に自分でほめて下さい。私たちの素晴らしい指導者であった、渡部伊太郎さん、どうぞ安らかに永遠の眠りにおつき下さい。本当に色々と有り難うございました。

       
e0131541_1914233.jpg
2011年8月27日
                      社会民主党南陽支部 代表 小林欽一
[PR]
by kinchan-kb | 2011-08-27 18:50 | その他 | Comments(0)

民主党代表選・前原氏出馬に思う

民主党の前原誠司氏が代表選に出馬すると聞く。

マスコミも世論調査でも支持がある。顔も良く弁も立つ。本当に総理大臣として前原さんがふさわしいなのだろうか。疑問でならない。

今、民主党が考えなければならないことは、自民党から政権を取ったときの基本的考えをもう一度考えていかなければならないと思う。

①日本はアメリカの奴隷ではない。アメリカの言いなりにはならない。
②長年の自民党政権から生まれた、官僚利権との根絶。
③大資本と政治の癒着の排除。

以上であったはず。今、多くの顔ぶれが出ているが、皆、アメリカ追従の方々ばかり。
また、「脱原発」を名乗っている人は誰もいない。

本当に、自民党に変わる政党として基本に立ち返って頂きたい。

写真/「朝露の稲穂」h23.8.13朝(今はだいぶ稲穂も実り始めました)
e0131541_15325081.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2011-08-24 15:13 | その他 | Comments(0)

脱原発67(脱原発アクションプログラム⑪)

{脱原発アクションプログラムの前提}

①福島弟1原発事故の早期収束と安全確保に全力。
②住民の健康管理と被害者への補償の実施。
③公正・独立の事故検証委員会による真相究明。
④安全規制体制・安全指針の全面見直しと対策の完了。

{原子力行政を大転換させよう}

①新規建設中止。被災炉や老朽炉は廃炉。
②核燃料サイクル計画はやめる。
③「大規模集中型」から「地域分散型」へ。
④2020年までに原発ゼロ、2050年には自然エネルギー100%へ。

写真/なんの花でしょうか?。(h23.8.19)

e0131541_20435721.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2011-08-22 20:26 | その他 | Comments(0)

脱原発66(脱原発全国5万人集会ご案内)

「さようなら原発・集まれ全国5万人集会」が9月19日(敬老の日)が、東京・「明治公園」で(東京都新宿区霞ヶ丘町6)で開かれます。呼びかけ人は、内橋克人、大江健三郎、落合恵子、鎌田慧、坂本龍一、澤地久枝、瀬戸内寂聴、辻井喬、鶴見俊輔の9名の方々です。

呼びかけ人の方々は、いても立ってもいられない気持ちで立ち上がりました。この集会が「成功するか、しないか」で今後の日本のそして世界のエネルギー政策が変わるか、変わらないかの大切な集会です。遠い集会ですが。行ける方は是非ご参加下さい。

内容は:13:30~14:30集会・14:30~パレード

交通機関:JR「千駄ヶ谷」下車 徒歩5分、地下鉄大江戸線「国立競技場」(E25)下車徒歩2分、地下鉄銀座線「外苑前」下車徒歩15分。

HP:http://www.sayonara-nukes.org
e0131541_1737445.jpg

写真/「マリーゴールドの花」耕作放棄地の畑に集落で花を植えました。奥の方は、「ソバ」が芽が出たばかりです。9月初めには可憐な花が咲きます。h23,8,13。
[PR]
by kinchan-kb | 2011-08-21 16:50 | その他 | Comments(0)

脱原発65(脱原発アクションプログラム⑩)

{「電力が足りない」のウソ}

電力需要がひっ迫するのはピーク時だけ。これを1年間8,760時間のうちの10時間分だけのこと。しかもピーク時電力需要の9割は産業需要。

大口需要家との需給調整契約を活用するなど、ピーク時間帯の電力需要を管理することによって、停電は停電は避けられる。

また、電気を使えば使うほど料金が上がるようにすれば、産業需要は3~4割減少し、ピーク抑制がきく。
e0131541_21193781.jpg

写真/「我が家のひまわり」h23.8.14
[PR]
by kinchan-kb | 2011-08-19 21:03 | その他 | Comments(0)

脱原発64(脱原発アクションプログラム⑨)

{「原子力発電は低コスト」のウソ}

「電子力は低コスト」と宣伝されてきたが、使用済み核燃料の処理や再処理費用、電源三法交付金などの立地費用等を含めた費用全体では、低コストと言えないことが明らかになっている。事故リストを含めれば3倍!。

写真/「夕焼け」南陽市若狭郷屋にて(h23.8.6)
e0131541_22471770.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2011-08-18 22:35 | その他 | Comments(0)

脱原発63(北海道・泊原発再開容認)

北海道の高橋はるみ知事は今日、北海道電力泊原発3号機の営業運転再開を容認した。

その理由は、北海道の冬場の電力需要が逼迫する恐れがあるからとのことや関係地元4町村にも異論がないからとのこと。

①高橋知事は、冬場の需要が逼迫とのこと。まだ福島原発の収束もならない中で「再稼働ありき」が
見え見えである。東京電力や東北電力からも流用がきくにもかかわらず、そんな努力もしないで。

②「地元町村に異論ない」今回の福島電力の事故でもわかるように、地元は「電源三法交付金」など巨額の交付金が入るので、不安でも原発に頼らなければならない状況にある。今回の福島原発のように、全国的に原発事故は影響が大きすぎる。地元が「異論がない」は再稼働の理由にはならないと思う。

 一度再稼働を認めると、それがあたりまえとなることが心配です。

e0131541_21115529.jpg

写真/「ホップ」ビールの苦味をだす原料です。栽培面積はだいぶ少なくなりましたが、我が集落でも1戸の農家が栽培しています。もうすぐ収穫最盛期に入ります。
[PR]
by kinchan-kb | 2011-08-17 20:42 | その他 | Comments(0)

あたりまえの暮らしに幸せ

  高速道路の無料化が廃止され、さぞかしお盆の帰省ラッシュは緩和するだろうと思っていた。ところが、東日本大震災で、故郷に対する思いや人の絆の大切さから、例年になく帰省が多かったとのこと。

それにしても、原発事故で福島の方々は悲惨さを日ごとに増している。子供の将来にわたる放射線による健康被害を心配して、母子のみ県外へ非難する家族。

農家の方で将来を悲観して自殺者も出ている。夏休み、ラジオ体操の歌と子供の声が聞こえるはずなのに、今年はそれがないとのこと。海水浴場はすべて閉鎖。

そんなことを聞くと、あたりまえの暮らしが出来る幸せを痛感する。それにしても、原発は事故が起これば、破滅をもたらすことを知った。やはり原発はいらない。(爼柳農地水環境の会通信NO55号・h23.8.15)
e0131541_23154136.jpg

写真/爼柳フラワーロード・今年はお陰様でマリーゴールドの花が見事に咲きそろいました。猛暑のなか道行く人々の心を元気づけてくれます。この暑さもう少しです。h23.8.14)


[PR]
by kinchan-kb | 2011-08-15 23:10 | 俎柳農地水環境の会 | Comments(0)

福島産「桃」をご購入を

福島県民は避難生活、放射線の不安、加えて、農家では風評による被害です。隣県山形県内にあっても、人ごとではありません。

社民党福島県連合では、「桃」の斡旋を行っているそうです。検査済みの安心の桃ですが、小さなお子さんがいるご家庭の方はご遠慮下さい。


品種:「あかつき」
価格:1箱4,000円(送料込み)5k・18個詰
申込み:①住所②氏名③電話番号を記入のうえ、
「社民党福島県連合」FAX 024-533-5469
          TEL 024-534-2135

*時期的な関係もありますので、電話してから申込み頂ければ幸いと思います。宜しく。


問い合わせ:小林欽一へ電話:0238-43-4675
e0131541_65721100.jpg

写真/「ひまわり」南陽市大橋にて・h23.8.7
[PR]
by kinchan-kb | 2011-08-12 06:36 | その他 | Comments(0)

原発62(脱原発アクションプログラム⑧)

{被ばく労働者なしに原発は動かない}

原発事故後、政府は、緊急作業の福島弟1原発で働く作業員に適用される被ばく線量の上限を、福島原発事故にかぎって、100msvから250msvに引き上げた。

6月20日時点で、250msvを超える作業員が9名、100msvを超える作業員が124名、所在が確認されない作業員が69名いることが明らかになった。

東京電力の管理のずさんさが明らかになっている。被ばく労働者なしに原発は動かない。

e0131541_6292739.jpg
写真/我が家の田んぼの稲もようやく穂が出てきました。「ひとめぼれ」の品種です。h23.8.10.
[PR]
by kinchan-kb | 2011-08-11 06:15 | その他 | Comments(0)