<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

TPP(農業だけでなく国民生活に影響)

TPP(環太平洋経済連携協定)への参加の是非が、今、国論を二
分する大きな問題となっています。TPP は物品関税の原則撤廃を
  原則とするだけでなく、さまざまなサービス分野の一層の自由化・
市場開放を求めるもので、国民生活全般に大きな影響を与えます。

  輸出工業国である日本は、すでに工業製品の関税を大変低くして
います。「国を開く」といっても、残るのは農産物の関税とサービ
ス分野の「非関税障壁」の見直しだけなのです。しかし、日本の農
産物市場は、すでに世界に類を見ないほど開放されています。政府
は、2020 年までに食料自給率を50% に引き上げる目標を立て
ていますが、農林水産省は、TPP 参加で自給率は13% にまで下
がるとの予測を示しています。(社会新報・h23.11.2付けより)

 大規模農業で知られ、輸出補助政策
をとる米国などの農産物に対し、日本の農産物が市場競争で太刀打
ちできるわけがありません。

TPP 参加と、食の安定・安全確保、
日本農業の再生とは両立しません。
農業以外にも、たとえば医療に市場原理が導入され、誰でもどこ
でも医療が受けられる「国民皆保険」が揺らぐおそれがあります。
交渉参加9 ヵ国のうち、日本とFTA(自由貿易協定)を結んで
いないのは農業輸出国の米豪とニュージーランドだけです。他方、
同じ東アジアの中国、韓国などは交渉に参加していません。

TPPは、貿易赤字で苦しむ米国のための枠組みであり、アジア諸国が互
恵発展を図るためのものではないのです。(社会新報2011.3付けより)。
e0131541_2245768.jpg

写真/福島市飯坂温泉・医王寺にて(h23.10.24)
[PR]
by kinchan-kb | 2011-10-31 21:56 | その他

脱原発69(さようなら原発集会・登壇者の声①)

  9月19日の東京・明治公園で開かれた「さようなら原発」5万人集会での記録が雑誌「世界・11月号」に呼びかけ人など登壇者のスピーチが掲載されました。抜粋して紹介させて頂きます。

  第1回「人類と原発は共存できない」鎌田慧(ルポライター)

  *野田首相はこれから国連に行って、原発は安全性を高めて再開していくと演説すると発表しています。しかし安全性と信頼性は、すでに破綻しています。それでもなおかつ、再開するというのは、人民に対する敵対であります。

 今日本の8割近い人たちは、「原発はいやだ」、「原発はやめてくれ」、「原発のない社会に生きたい」と言っています。その声を無視して、政治ができるわけはありません。・・・・・・・

  原発社会から脱却する、脱原発運動は、文化革命です。意識を変えていく運動でもあります。皆さん、核に依存して生きることは、人類は絶対にできません。

e0131541_21414587.jpg
写真/福島県会津美里町・新鶴温泉にて・(h23.10.24朝)
[PR]
by kinchan-kb | 2011-10-28 21:12 | その他

秋の農作業は晴天に恵まれました

   我が家の少しばかりの稲作りも、今年の秋は晴天に恵まれ作業は順調でした。稲刈りも昨年はどろどろぬかって大変でした。

  今年はバインダーも調子よく、田んぼも乾いていたので今までになく楽でした。杭に掛けていた稲の掛け替えも、少し風があったのですが、これも天気良く順調。

  昨日はハーベスターで脱穀をしていただきましたが、写真の通り秋晴れにて順調。

  作柄は、昨年のような大豊作ではありませんでしたが、消毒は一回もしませんでしたが、イモチ病も全然なく、敵期の刈り取りであったので、最高の食味が期待されそうです。
e0131541_14422112.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2011-10-22 17:57 | コバヤシ農園だより

八ツ場ダム検証結果に異議

国土交通省関東地方整備局が9月に公表した「ダム建設が最良」と検証結果を発表していた。
小生も、素人ながら疑問に思っていた。ところが、昨日の新聞を見れば、検証結果にかかわっていた専門家から「ダム建設ありきだった」との批判が出たとのこと。

原発でもそうであったが、他の審議会等も答申する結果が前もって出ていて形式的に審議させる。ひねくれ者の小生のひがみだろうか。

写真\我が家の稲の掛け替え作業。我が集落でも杭がけは我が家を含め2戸だけとなった。(h23.10.10)
e0131541_2059192.jpg
e0131541_20595219.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2011-10-20 20:28 | その他

畑にカエルやクモがたくさんいました

今年の枝豆の中生種(雪音)が立ち枯れ(生育途中かれる)の被害が多発した。
原因は、連作障害ではないかとのことで、緑肥としてライ麦を今年の秋に播種して、

来年すき込むと良いとのことで、昨日は畑に堆肥4トン一輪車で運び散布しました。
今日、耕耘機で耕起して、ライ麦を5kg播種しました。

*耕耘機で耕起していたら、カエルとクモがたくさんいて、急いで逃げていくのです。
  益虫のカエルとクモが安心して冬を越されるか心配になりました。

   また、トラクターだったら畝幅も広く早く、逃げることも出来ず皆死んでしまったと思  いました。(耕耘機だからわかったことで、トラクターだったら全然気づかなかっただろ  う)
   
e0131541_2294243.jpg
写真/我が家のバインダーで刈ったばかりの杭がけの稲です。(h23.9.26)
[PR]
by kinchan-kb | 2011-10-19 21:27 | コバヤシ農園だより

TPP参加問題に思う

  東日本大震災で、陰を潜めていたTPPの参加について、にわかに浮上している。

  日米首脳会談で、野田首相はオバマ大統領からTPP参加を強く要請された模様である。
  
  マスコミは、「韓国に遅れをとった。乗り遅れるな」の大合唱。「日本の農産物は外国に輸出しても高く売れる」等の大宣伝。

  そんな中で今日、吉村美栄子山形県知事は「慎重に対応」の考えを表明した。今日の発言はタイミングが良かった。「卒原発」も含め吉村知事の姿勢はこのところ高く評価したい。
e0131541_2155930.jpg

写真/南陽市小岩沢・吉田橋にて・h23.10.7)
[PR]
by kinchan-kb | 2011-10-17 21:33 | その他

地域の絆

e0131541_738332.jpg
  この度の東日本大震災で地域の絆の大切さを改めて教えられた。また、改めて考えてみると、いつの間にか地域の絆が薄れてしまった感じがする。

  爼柳でも昔はどこの家でも隣近所でのお茶飲みは日常的であった。ところが、今は極端に少なくなった。

  爼柳にも何年か前までは、婦人会や若妻会、青年会があり活発に地域の中で活動していた。小生も青年会当時、若妻会の方々と交流会を開いたことが今では懐かしい思い出となっている。老人会も残念ながら5年前解散となった。

  今は、消防団と子供会。そして区、実行組合等。新たに、スワンサークルと農地水環境の会。行事や活動も大切だが、飲んべえの小生から言わせれば、反省会や懇親会で地域の絆が深まると確信する。(爼農地水環境通信NO57号・h23.10.15)
e0131541_739912.jpg
写真/10月11日、7名の方から協力をいただき、そば刈りを実施しました。作柄も今までの3年間で最高のできでした。昼は、秋晴れの中でのイモ煮も最高でした。
[PR]
by kinchan-kb | 2011-10-15 07:25 | 俎柳農地水環境の会

全国護憲大会山形で開催

 私たちは日本国憲法の理念のもと「人間の安全保障」の確立をめざしてきたものの、事故前に原発を廃止させられなかったことは残念でなりません。

 このような中で、全国護憲大会が山形で開かれます。またとない機会ですので是非ご参加下さい。

 期日は11月4日(金)5日(土)6日(日)、会場は山形市・山形国際交流プラザ等(山形ビックウィング)です。
日程
4日:開会総会、シンポジュウム(ピックウィング:13.00~17.00)
5日:分科会・脱原発、地方主権、人権確立、憲法等(山形市内:9.30~13.00)
6日;閉会総会(山形市民会館:9.30~11.00)

詳しい内容を知りたい方や参加希望の方は、小林までお知らせ下さい。(電話/fax 0238-43-4675)メール kin1kb@yahoo.co.jp


e0131541_228723.jpg
写真/昨日、地元で「南陽市さわやかマラソン大会」が開かれ、写真のシャツで走りました。
[PR]
by kinchan-kb | 2011-10-11 21:49 | その他

3・11から半年が過ぎて

  悲しみに染まった3・11から半年が過ぎました。東京電力第1原発事故当初、国民の原発廃止は4割。その後、次々に実態が明らかになるなかで、安全神話が崩れ今は8割。

  それなのに野田政権は脱原発を表明しない。小生、原発事故以降「原発」のことが心配で頭から離れず「脱原発」行動の日々。

  皆さん心配しているが声をあまり出さない。聞こえるのは「雪は多いが原発や台風の被害もなく置賜は良い所だ」の声。

  今、脱原発1000万人署名運動をしているが、説明しなくともすぐ書いてくれる。それだけ原発の恐ろしさを感じている。「核と人類は共存できない」と皆んで声を大にして叫ぼう。(社会人講座おいたまNO23・h23.10.9)

e0131541_22152632.jpg
写真/南陽市高つむじ山頂から置賜盆地を望む・h23.10.2.日の出5時47分でした)
[PR]
by kinchan-kb | 2011-10-09 22:03 | 社会人講座おいたま

さようなら原発5万人集会に参加して

 「さようなら原発5万人集会」にあまり人が集まらなかったらどうしようとの思いで、千駄ヶ谷駅に降りた。ホームは人で大混雑。心配はいっぺんに吹っ飛んだ。

  明治公園に向かう、ひとひとの波。会場は超満員。公園に入れきれない状態。集会が始まった。呼びかけ人の大江健三郎さんなど、次々に壇上に立ち、脱原発を訴えた。皆、真剣に聞き入っていた。

  その後、デモに入った。みんな声をからして「さようなら原発」を叫んだ。最終のデモは夕闇迫るまで続いた。小生こんなに盛り上がった集会とデモは初めてである。これだけ国民みんなが原発に危機感を持っていることを確信する。

  それなのに、野田首相は国連本部で「原発をこれからも輸出継続する」まったく油断できない。(社会新報南陽通信NO42・h23.10.1
e0131541_23441988.jpg


写真/川西町堀金にて(h23.9.9)
[PR]
by kinchan-kb | 2011-10-04 23:40 | 庶民雑記