<   2011年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

脱原発75(寺島実郎氏の話)

今朝(25日)、NHK朝ラジオ「ビジネス展望」で、日本総合研究所理事長の寺島実郎氏の話を聞いた。原発問題を語っていた。中国も、韓国もその他のアジア各国も、これからも原発推進である。日本だけが脱原発と言っても、どうしようもない。日本の原発の学者は有能である。原発の技術をなくしてはならない等。と語っていた。

日本の中でも、影響力があり、実力者である。このような人が、このように語ると、一般国民はそのように感じる。

でも、「もんじゅ」でも明らかなように、核燃料は再処理が不可能なのである。今までの、核燃料の処理をどうするかも大変な状態で。寺島実郎氏のように、経済競争を続けることは、将来の子ども孫のためにも許されることは出来ない。

写真/今朝、我が集落にも雪が降り、今年初めて、薄らと積もりました。また、当集落の公民館の上棟式も寒い中で行われました。

e0131541_22575260.jpg
e0131541_22582335.jpge0131541_22585084.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2011-11-25 22:21 | その他

北国にも雪の訪れ

昨日、天気予報では雪が降るとのこと、今朝起きて、ソート窓を開けたら、雪は無く一安心。

なぜかと言えば、まだ、我が家は、雪囲えもまだしていません。まだ、畑もやらなければならないことが、一杯あります。そんなことで、雪はまだないほうが助かります。

でも、たしかに北国には雪の便りが聞こえます。昨日は、肘折で積雪30㌢。尾花沢でも11㌢、小国で4㌢とのことでした。

e0131541_2239599.jpg
e0131541_22403625.jpge0131541_2241356.jpgそれにしても、雪の無い、福島県から原発事故で避難している人は、雪の経験が無くこれから大変でしょう。私たちが、出来ることは、出来るだけ助けてやらなければと思っています。

写真/今朝、烏帽子山公園、白龍湖に行ってきました。近い山は雪化粧でした。
[PR]
by kinchan-kb | 2011-11-22 22:22 | 地域情報

NHKスペシャルTPPを聞いて

11月18日(金)夜10時からテレビの、NHKスペシャル「徹底討論TPPどうなる日本」があり私は、目が疲れていたので横になって聞いていたが、徹底討論と言いながら、賛成と反対の意見をお互い出し合ったといった感じで、「とうてい徹底討論」といった感じではなかった。

私は、NHKのやらせ番組のように感じた。NHKはいつも中立と言う立場からか、最初から結論ありきの内容になっている感じがしてならない。小生のひがみでしょうか。

追伸:いつもさすがNHKと素晴らしい番組が多いのですが、今回はガッカリしました。

e0131541_222546.jpg

写真/南陽の菊人形会場の菊花展にて・h23.11.11
[PR]
by kinchan-kb | 2011-11-21 21:34 | その他

TPPは我が集落も荒れ野

  TPP(環太平洋経済連携協定)問題は、大震災で影を潜めたと思っていたら、野田新首相がアメリカのオバマ大統領と会談し、強い圧力があったようで、国民の合意も納得もないままに、野田首相はTPP交渉参加を表明した。

  今でも、米60㎏一俵約一万円と値下がりし、農家の方々は大変な状況にあるなかで、関税原則撤廃となれば、いくら国が守ってくれると言われても、アメリカは200㌶、オーストラリアは3000㌶。我が集落1戸の農家で規模拡大したとしても太刀打ち出来るものではない。

皆んなが協力してやっている、農道修理や水路の泥上げも、なんとか自分たちの農村地域を守ろうとするからである。そして、この美しい日本の田園風景は、荒れ野となろう。(爼農地水環境通信No58号・h23.11.15)

写真/パラグライダー(南陽市スカイパークにて・h23.11.10)
e0131541_9222812.jpg
e0131541_9232347.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2011-11-18 09:07 | 俎柳農地水環境の会

「会津自然塾」で頑張る旧友

 原発事故で、会津地方は全然放射能の影響もないのに、風評被害で観光客が激減とのこと、こういう時こそ福島となった一泊研修講座。会津に嫁ぎ、有機農業で頑張っていらっしゃる、Hご夫妻も、秋の農作業のお忙しい中、「くるみの樹」での会食に参加・懇談して頂きました。

Hご夫妻は、安全な野菜を安心して食べてもらいたいと地域の仲間と「会津自然塾」を立ち上げ宅配なさっている中での原発事故、福島県の野菜は一時出荷停止。

そんな中で消費者から「今年も会津の野菜を送って下さい」「風評被害に負けないで」と応援のお陰で、今年も例年通り宅配が出来たとのこと。

これも長年、安全で美味しい農産物を作り届けた信用の結果でしょう。地域の仲間とご主人様と、たくましく生きているお姿は会津の地にも、高瀬先生の教えが脈々と生きていることを知る旅だった。(社会人講座おいたま たより No24号・h23.11,1)
追伸:「会津自然塾」は福島県PHでも紹介されています。

e0131541_22214126.jpg

写真/南陽市 高つむじ山頂・h23.11.10
[PR]
by kinchan-kb | 2011-11-14 22:10 | 社会人講座おいたま

「脱原発」は新しい日本に変わる

e0131541_21381998.jpg
11月4~6日、第48回護憲大会が山形市を会場にして開かれた。山形県内での開催は初。小生も初、3日間参加した。

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故という歴史的深刻な中での開催となり、参加者皆が、真剣に討論に参加し聞き入っていた。特に感じたのは、

①チェルノブイリ事故を聞いて、かわいそうと思ったが、自分のものとはなっていなかった。実際日本で起こって、原発の恐ろしさを改めてわかった等。私たちは今、福島県民の心の痛みを自分のものにしよう。 

②政府も東電、保安院、マスコミも「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と言っても今の福島県民は皆信用していない。

③そして「脱原発」は世の中を変え、新しい日本に変わる文化革命である。一千万署名絶対成功させよう。(社会新報南陽通信No43号・h23.11.6)



写真/飯豊町中津川・白川湖付近・h23.11.3
[PR]
by kinchan-kb | 2011-11-12 21:15 | 庶民雑記

野田首相、TPP参加方針に思う

 野田首相は今夜(11日)、首相官邸で記者会見し、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に向けて関係国との協議に入る方針を正式に表明したとのこと。

 この問題は、あまりにも重要な問題であるため民主党の中でも8割近くの議員が慎重の意見。みんなの党を除く全野党も反対する中での表明であった。

そのため、「交渉参加に入る」から、「交渉参加に向け関係国との協議に入る」と、少しぼやかした表明となった。

特に、「悪影響が出るとの指摘がある農業分野については、政府として全力で支援する考えを示した」とのことであるが、アメリカやオーストラリアとはいくら日本の国で支援しても太刀打ちできないととは明白である。

このまま、アメリカのいいなりになったのでは、日本は益々、アメリカの属国になってしまう。いまこそ、ノーと言うべきと思う。

e0131541_22111139.jpg

写真/夕焼け(湯野浜にて・h23.10.27)
[PR]
by kinchan-kb | 2011-11-11 21:34 | その他

脱原発74

今日の新聞で、原子力委員会は重大な原発事故で起こる、発電コストは 1円60銭高くなるとのこと。

今。コストの問題ではありません。いくら安くて試算しても、原発の廃棄物が何万年もかかると聞いたのでは、子どもや孫に申し訳ありません。

とにかく、原発のない世の中にしていかなければなりません。
e0131541_1884798.jpg

写真/旧板谷街道にてh23.10.24
[PR]
by kinchan-kb | 2011-11-09 17:58 | その他

脱原発73(全国護憲大会・3日目)

最終日の3日目は、山形市民会館に会場を移し、閉会総会が行われた。

最終日の今日も、福島県の竹中さんは、原発事故で孫さんから「結婚できるの、子どもをうめるの?。また、あれほどしつこいマスコミは、本当の責任者を追求しない。お金では買えないのです」と語った。

また、中国電力が瀬戸内海に面する山口県の上関町に建設しようと長年原発建設反対運動を続けてきた内容の報告があった。いずれも、胸をしめつけられる思いであった。

本当に、原発はいらないと心から思った。最終日の今日は、閉会総会だから、たいしたことないだろうと参加したが、本当に3日間とも有意義な護憲大会だった。

今年で、48回と開催を続けてこられた、主催者に心から敬意を申し上げます。
e0131541_21474756.jpg
e0131541_2148357.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2011-11-08 21:07 | その他

脱原発72(全国護憲大会・2日目③)

2日目午後2時より、①男女共同参画の広場②大震災復興支援コンサート(須貝智郎さん)③ドキュメンタリー映画がありました。須貝智郎さんはのコンサートはいつも聴いているので、③にしました。

ドキュメンタリー映画、松林要樹監督の「相馬看花第一部江部部落」です。この映画は今年の秋、山形で開かれた、山形国際ドキュメンタリー映画際で発表されたものです。
映画祭実行委員の髙橋さんは「原発被災地の状況を、全国に広めてほしいと」挨拶し上映が始まりました。

松林監督は「福島原発事故によって奪われた土地の記録。人がいない無人の時が続けば、文化だけではなく土地の言葉も失われる。その前に、私は何としてもこの惨状を記憶しなければ」と思ったそうです。南相馬市の避難区域20㎞圏内で4月~7月まで、田中京子さんご夫妻を取材した映画。

若い監督が、放射線の髙い避難地区に入りの取材。私のような高齢者は、いつ死んでも良いが、こういう若い人が、被災地に入り、親戚以上になって映画を撮るさまに、感動感動だった。
e0131541_2132428.jpg


写真/映画の時、写真を撮りませんでした。250人と超満員で、山形国際ドキュメンタリー映画際より多かったようです。写真は飯豊町中津川の白川湖・h23.11.3
[PR]
by kinchan-kb | 2011-11-06 20:59 | その他