<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

忙しい秋です

少しばかりの耕作面積ですが、今年は稲刈りと枝豆(晩生種・秘伝)の収穫が重なり、ゆとりのない忙しさでした。今日、JAへ枝豆の最終出荷をして、一安心しているところです。

1昨年は、同じ秘伝の品種でしたが高温でサヤは付いたのですが、受精ならず皆無でした。今年の夏も1昨年以上の暑さで、心配していましたが豊作で、市場価格も高値で推移しています。

明日は、会津若松の鶴ヶ場マラソンで朝早くにでかけます。

写真/我が集落にて(h24.9.16)
e0131541_22371445.jpg
e0131541_22374293.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2012-09-29 22:24 | コバヤシ農園だより

脱原発218(原発ゼロ閣議決定せず)

先日、政府は今後のエネルギー政策を、当初2030年代に原発ゼロにすることを記者会見で明言しながら、結局、財界等の反対に押し切られて「原発ゼロ」の閣議決定とはならなかった。

本当に、今の民主党政権が原発ゼロとする考えがなく、国民の原発反対の高まりで、次期選挙目当てのものであったことは明らかとなった。やはり、今の民主党政権は自民党と同じく「財界癒着」の政党であることを、この度の方針転換で明らかになった。

写真/虹(我が家の田んぼから・H24.9.2)

e0131541_6424975.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2012-09-23 06:22 | その他

我が集落の農道修理

   暑い日が続き、今年の農道修理の参加者は少ないのではと心配していました。ところが昨年より2名多い38名の参加をいただきました。

   6年前の農地水発足年は32名でした。年々高齢化が進む中で、毎年少しずつですが若い人や非農家の方々からも参加いただき増加している事は、他集落では見られない現象です。

  これも、地域農業を守るため少しでも手助けしたいとする気持ちの表れと理解し感謝でいっぱいです。

   それにしても、我が集落は農業の若い担い手はゼロなのです。他集落からの入作者のお陰さまで、この素晴らしい田園風景もかろうじて維持されているのです。我が集落も確実に高齢者はリタイヤします。これからは農業の時代。若い貴方農業に挑戦して下さい。(爼農地水環境通信やなぎ・No68・h24.9.15)



写真/我が家の朝顔・h24.8.27
e0131541_1515308.jpg
e0131541_1516658.jpge0131541_15162448.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2012-09-19 15:07 | 俎柳農地水環境の会

収穫の秋を迎え改めて感謝を

  朝夕はめっきり涼しくなりましたが、日中は今まで経験したことのない暑い熱い日が続いています。もうしばらくの辛抱でしょうが、皆様ご自愛下さい。
 
  水稲の作柄は豊作は確実なものの籾殻が厚く期待程ではないようですが、この高温と雨が降らない中で水不足がなかったことは、水窪ダムのお陰でしようか。

  この素晴らしい田園風景と農家のご努力に感謝し、皆様と一緒に収穫の秋を喜びたいものです。(爼農地水環境通信NO68・h24.9.15)


写真/ 我が集落の、実りの秋を迎えた素晴らしい田園風景(h24.9.16)
e0131541_2153412.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2012-09-16 20:56 | 俎柳農地水環境の会

脱原発217(政府の原発ゼロに思う)

  政府は新たなエネルギー・環境戦略の原案が明らかになった。それを見ると、原発の新設・増設は行わない。2030年代に原発ゼロを可能とするよあらゆる政策資源を投入する等、率直に評価するものの、ひねくれ者の小生は選挙目当てではないかと言いたくなる。

  それにしても、ここまで政府が「原発ゼロ」と踏み込まざることになったのは、国民の脱原発の高まりであるだろう。

  また、政府は、国民に問うたのは、2030年までとしていたが、「2030年代」とぼやかしている。それに、「あらゆる政策資源を投入する」と記載している。この文面はのがれる文章である。

e0131541_1491022.jpg
e0131541_1492724.jpg写真/青刈デントコーンの収穫(川西町吉島にて・h24.8.10)
[PR]
by kinchan-kb | 2012-09-14 13:40 | その他

脱原発216(東日本大震災1年6ヶ月にあたり)

あの恐ろしかった東日本大震災から早、1年半となりました。

被災された多くの方々は、いまだに仮設住宅に住み、今年のような猛暑の中で大変な生活を余儀なくされていることに、胸が痛みます。

特に、原発事故で住み慣れたふるさとを追われ、不自由な生活といつ戻れるかわからない状況の中で、どんな思いで苦しんでいると思うと、今更ながら東電と政府に怒り心頭です。


ところで、政府のエネルギー・環境会議が示した3つの選択肢(原発ゼロ、15%、20%~25%)をめぐる議論では、圧倒的に2030年までの出来るだけ早い時期に原発依存を0%にする「ゼロシナリオ」が国民の支持を得ていると聞きます。

   これも、いかに原発の恐ろしさを国民は思ってきた現れです。予断することなく脱原発への流れをみんなで頑張り続けましょう。


e0131541_21332958.jpg
e0131541_21334677.jpg
写真/初めて妻が挑戦し、成功した「梅干し」h24.8.12
[PR]
by kinchan-kb | 2012-09-11 21:10 | その他

枝豆収穫ようやく終わる

前回(8月28日)から、ブログご無沙汰しました。

この干ばつで、我が家の枝豆は受精しなく、実が肥大しないではと思っていましたが、8月に入って連日の高温のために急に実が肥大し、早生(湯あがり娘)と中生(雪音)の収穫が一緒になり、この1週間は早朝枝豆を畑から収穫し共同作業場に持って行きます。

午前中、機械で枝豆のサヤだけを取ります。そして、午後、我が家の小屋の持ち込んで選別・袋詰めをしてJAに出荷しました。作柄は思ったより良く、収量も昨年より多かったのですが、市場価格は安値で推移しました。

やはり、こんなに暑い中で苦労して収穫しても、経営的には採算があいません。
若者が喜んで農業に従事される時がいつ来るのでしょうか。
e0131541_12192882.jpg
e0131541_12201674.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2012-09-11 11:58 | コバヤシ農園だより