<   2012年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

被災地宮城県と紅葉の旅①

「社会人講座おいたま」では、毎月15日夜、米沢市の西部コミセンで会員が交代で講師になり、講座を開いています。年1回は1泊で県外に旅しています。

今年は、「被災地の宮城県を訪ね、翌日は紅葉をノンビリとの旅」を企画し、10月28日・29日に行ってきました。その様子を遅れましたが、ご紹介します。

最初に、昨年3月ボランテリャで行った、仙台市宮城野区岡田の阿部さん宅を訪問しました。
関連記事は、平成24年11月8日付の社会新報南陽通信NO55号(庶民雑記)を参照下さい。

写真/上・訪問した阿部さん宅前。下・昨年3月のボランテリャの時。(後ろの自動車は玄関前に流されたもので、駐車しているのではありません。写っていませんがこれ以外に2台の車が玄関前に流されていました)
e0131541_22424699.jpg
e0131541_2245042.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2012-11-20 22:51 | 社会人講座おいたま | Comments(0)

被災地宮城県と紅葉の旅②

被災地では「観光客、大歓迎」等の福興市等が企画されているとのこと、ちょうど28日は南三陸町「鮭まつり福興市」とのことで、買い物をし被災者を元気つけようと行ってきました。

貸切バスもたくさん福興市に応援ツアーに参加し、大賑わいでした。
午後1時半の遅い昼食は、福興市での熱い鍋物は美味しかったです。
e0131541_22252665.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2012-11-20 22:10 | 社会人講座おいたま | Comments(0)

被災地宮城県と紅葉の旅③

e0131541_22535100.jpg

南三陸町、防災無線で「早く、早く、早く高台に逃げてください」と町民に避難を呼び掛けた続け、津波の犠牲になった町職員遠藤未希さん=当時(24)。

そして、遠藤さんを含む町職員ら39人が犠牲となった。 防災対策庁舎です。
この写真で見てもわかるように、こんなに高い3F建ての防災センターが全部鉄骨だけ。

毎日沢山の花束やお線香が手向けられ、祈る方々の姿が途絶えない。


e0131541_2263035.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2012-11-20 21:45 | 社会人講座おいたま | Comments(0)

被災地宮城県と紅葉の旅④

春、被災地の石巻と女川を訪ねたが、それと比べると南三陸町は、がれきも片づけられていなく、まだまだ、復興は進んでいないことを実感した。
e0131541_21442624.jpg
e0131541_21445133.jpge0131541_21453486.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2012-11-20 21:37 | 社会人講座おいたま | Comments(0)

被災地宮城県と紅葉の旅⑤

津波で全校児童108人のうち74人が死亡・行方不明となった石巻市大川小学校の被災地を訪問し、ご冥福を祈ってきました。

大川小学校の被災した現地に行ったとき、思わず感じたのは、すぐ近くに山がありながら、「なぜなぜ、山に逃げなかったの」と絶句してしまいました。

そんな時、4k離れた海に近い所に住む2人の女性が参拝に来ました。伺うと、50代の女のご主人様も老母を乗せて、ここまで自動車で逃げてきたが、ここで津波で2人とも犠牲になったとの話をお聞きしました。

まさか、ここまで津波がくるとは、誰も考えられないほどの大きな津波だったのです。

e0131541_21351082.jpg
e0131541_2136030.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2012-11-20 21:10 | 社会人講座おいたま | Comments(0)

被災地宮城県と紅葉の旅⑥完

28日は鳴子温泉に泊まり、翌日は、のんびりとして仙秋サンラインの紅葉を眺め、帰路につきましたが、紅葉は最高でした。

以下、「社会人講座おいたまたよりNo27号(h24.10.12)キャンパス」を紹介します。


[社会人講座一泊研修旅行を実施し今年で6年目。初年は、鶴岡の写真家・太田威さん。
 2年目は、金山町の栗田和則・キエ子夫妻。
 3年目は新潟上越の五十嵐春一さん。
 4年目は南会津でペンション経営の藤原洋子さん。
 そして昨年は高畠町出身で福島会津に嫁ぎ、有機農業で頑張っている長谷川のぶ子さん。
 この5年間はいつも大学講座の同志との出会いでした。そして、どこに行っても高瀬精神が脈々と 生き続いていることを実感する感動の旅でした。
 今年は宮城県。講座の同志との出会いはないようだが、ただの観光旅行ではない、人と人との出会 を大切にする意義ある旅でありたい。]


(この度も、ただの観光旅行ではない旅にしたいと思っていましたが、仙台市岡田の阿部さんとお会いし、時間はなかったが直接聞くことが出来ました。そんな中で、被災した農家が農業を続けることの大変さを実感した。また、大川小学校では、偶然にも近くの人から、直接話を伺いこと等々・・・・・最高のたびでした。
e0131541_216654.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2012-11-20 20:37 | 社会人講座おいたま | Comments(0)

TPP参加は日本を滅ぼす

   この紙面で紹介している「日本の米カレンダー」は、日本の原風景であり、私たちの心を和ませてくれる。それにしても、野田首相はTPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉への参加について、次期衆院選の民主党マニフェスト(政権公約)にしたいと伝えられている。

  関税原則撤廃となれば、いくら国が守ってくれると言われても日本の農業は太刀打ち出来ないことは明白です。

  さらに、添加物・遺伝子組み換え表示義務の撤廃等で「食」の安全が危険となります。また、医療や雇用など、多くの分野に多国籍大企業が日本に入ってくる。

  小生、若い時に「日本は瑞穂の国」と教えられてきた。国際のグローバル化とは言え、「TPP参加は日本を滅ぼす」と叫びたい心境である。(爼農地水環境通信No70号・h24.11.15)



{この紙面で紹介している}以下の内容です。

 2013年版「日本の米カレンダー」

  米と日本人は、母と子のように、太いきずなで結ばれています。 日本の文化は米づくりの上に築かれ、国土の自然は農民によって支えられてきました。
 
  ところが今、農業は 危機に瀕しています。それはとりもなおさず、私たちが日本文化の土台を失うということです。

  価格1400円  ご注文は小林まで℡43-4675


写真/烏帽子山公園の紅葉②・h24.11.14e0131541_12213790.jpg 
[PR]
by kinchan-kb | 2012-11-19 11:59 | 俎柳農地水環境の会 | Comments(0)

衆議院解散に思う

   今日、野田首相は、とうとう「追い込まれ、破れかぶれ」の衆議院を解散した。

   3年前、多くの国民が民主党政権に期待し、政権をになったが、いつの間にか自民党と変わりない、新自由主義政党になってしまった。

   一方、憲法改悪の安倍自民党総裁が誕生した。加えて、維新の会や太陽の党など右傾化傾向の党が新しく誕生し、マスコミも騒ぎ立て、国民も新たな政党に期待を感じてしまう。

   そんなことを感じながら、憂うつな思いの中で、我が家の庭の草や枝を取ったりして、冬支度の準備にかかった。
e0131541_21245624.jpg



写真/赤湯の烏帽子山公園の紅葉(h24.11.14)
[PR]
by kinchan-kb | 2012-11-16 20:58 | その他 | Comments(0)

脱原発221(福島原発告訴団に支援を)

福島原発事故から1年半が過ぎ、今なお大変な状況にあります。
 
このような事態をまねいた責任は、「政・官・財・学・報」に
よって構成された腐敗と無責任の構造にあったことは明白です。

それなのに、誰一人検察による取り調べはいまだにないのです。
 
 このような中で「福島原発告訴団」を結成し、6月11日に324人の方が
第1次刑事告訴しました。そして、10月末で告訴人の受付は終了し、全国で
1万人を突破しました。

 第2次告訴は11月15日予定されています。みんなで、
下記へ「支援カンパ」をしましょう。

e0131541_20491856.jpg
郵便振替は
 口座番号:02260-9-118751
 加入者名:福島原発告訴団

写真/りんご・高畠町石岡・h24.10.9
[PR]
by kinchan-kb | 2012-11-13 20:42 | その他 | Comments(0)

脱原発220(チェルノブィルと福島写真展お知らせ)

 チェルノブイリと福島

   「広河隆一写真展」

 
 いつ:11月16日~18日9時~18時 

 どこ:南陽市えくぼプラザ(入場無料)

   *17日(土)午後1時~5時、写真展会場 にて、
    原発事故で福島から避難生活なされ ている方との
    「お茶のみ会」も予定。  問合せ先:℡0238-40-2886


写真/山形特産「ラ・フランス」h24.10.9撮影(高畠町石岡)。今は食べ頃となっています。


e0131541_21141510.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2012-11-11 21:03 | その他 | Comments(0)