<   2013年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

県縦断駅伝 南陽東置賜総合V2

第58回山形県縦断駅伝大会が4月27日から3日間に渡って開かれた。

昨年、南陽東置賜は3日間の完全優勝を果たした。
この件については、県外の箱根駅伝経験者を南陽市役所職員に採用してのため、塩田秀雄南陽市長に対する市民の批判がある。

それでも、やはり地元民としては勝たせてやりたい。特に、今年から新監督となった鈴木輝生監督は私も前から知っていたが、実に人柄も良く、若い人の面倒見が良い。箱根経験者ばかりではなく、鈴木輝生監督の存在は大きいと思う。

最終日の29日、南陽中継所は約2,500人の人たちは応援した。特に、中学生の応援は素晴らしかった。

そして、寒河江西村山チームがだいぶ遅れてきたが、最後までみんなが応援していた。地元の南陽東置賜は走ってきたから、あとは終わりという事なく南陽市民として素晴らしいと感じた。
e0131541_21313039.jpg
e0131541_21314820.jpge0131541_21321214.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2013-04-30 21:03 | 地域情報

地区メーデー

今日(29日)、南陽東置賜メーデーが南陽市烏帽子山公園で約400名の参加で開かれた。

久しぶりの晴天、祝日で親子連れも多かった。

連合主催のため「スローガンや集会宣言」にも、
「TPP反対や脱原発」の文字は一言も書かれていなかった。

また、みどりの風の舟山康江参議院議員の連合として推薦決定がないためとはいいながら、
案内がなかったのは残念であった。

e0131541_21313853.jpg
e0131541_21315881.jpge0131541_21321347.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2013-04-29 21:19 | 地域情報

飯豊町中津川はまだ雪でした

4月23日、飯豊町中津川の雪室に米を保管して頂いているので、取りに行ってきました。

途中、川西町玉庭地区でも、家の裏にはまだまだ雪が残っていました。田んぼは雪も消え、

畔から「ふきのとう」が出ていましたので、たくさん取ってきました。

中津川に行ったら、田んぼにもまだまだ雪が残っていて、5月のゴールデンウィークもあるのではと感じてきました。

我が集落は3月25日に融雪でした。それに比べると、1ヶ月以上も遅いのです。驚くばかりです。


写真/上・小屋集落にて(雪解け水がきれいで活きよいよく流れていました)。
写真中・白川湖(透き通るような湖面でした)。
写真下・雪室付近にて(付近には雪がまだまだ残っているのに、日当たりがよいのでスイセンが咲き誇っていました。我が家のスイセンよりも早いです)
e0131541_5245776.jpg
e0131541_5253895.jpge0131541_526133.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2013-04-28 04:58 | 地域情報

春祭り傑作川柳②

今、我が地方は桜が満開です。

赤湯の烏帽子山公園の桜は、今年は残念ですが、もず(むくどり)が桜の芽を冬食べたので、
満足するような開花状況ではありません。

傑作川柳
⑥定年を 村三役が まっている。
⑦玉の興 乗ったつもりが 欠陥車。
⑧嫁いびり やめたとたんに ぼけはじめ。
⑨夫は軽 妻は普通車 子は外車。
⑩万歩計 つけた時だけ 良い歩き。


写真/26日は旗下ろしです。あいにくの雨で、旗を降ろすことが出来ませんでした。
桜は、写真のとおり満開です。(h25.4.26)
e0131541_2149316.jpg
e0131541_2149195.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2013-04-26 21:49 | その他

春祭り傑作川柳①

4月25日我が集落の熊野神社春祭り。神社の桜も例年より遅れています。

好評の、傑作川柳をご紹介します。

①正義感 後を見たら 我一人。
②眼は一重 アゴは二重 腹三重。
③ランドセル 親の夢まで 背負わされ。
④何故だろう 俺がいないと うまくいく。
⑤頑張れよ 無理するなよ 休むなよ。


写真/我が集落の鎮守様「熊野神社」祈願祭。(h25.4.25)
e0131541_21295095.jpg
e0131541_21302479.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2013-04-26 21:07 | その他

安倍首相の靖国参拝発言に思う

安倍首相は、昨日の参議院予算委員会で、閣僚の靖国神社参拝に、中国や韓国が反発しているとのことに対して「国のために命を落とした英霊に尊敬の念を表すのは当たり前だ。わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない。その自由を確保している。」と勇ましく語っていたのを、テレビのニュースで見た。

一般国民は、男らしく素晴らしいととらえた人々も多かったのではと、テレビを見て感じた。

いつもこの問題が出るのは、靖国神社に一緒に戦犯者をまっつていることであり、やはり、無宗教の国立追悼施設を新たに建設すべきである。

それにしても、安倍首相の憲法改正発言や昨日の「脅かしには屈しない」の発言など、あまりにも言い過ぎの感がある。

写真/スイセン(我が集落にて・h25.4.24)
e0131541_13594115.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2013-04-25 13:26 | その他

脱原発229(さよなら原発 米沢の集いの案内)

  米沢で「さよなら原発 米沢のつどい」が初めて開かれます。時間があったら是非参加して下さい。

  今日も、NHK総合テレビ昼0時20分から「被災地からの声」がありました。その中で、避難している人が、隠れているように暮らしているとのこと。

  それは「避難者は補償金をもらっているから」と言われるので、外には出たくないとのこと。本当に日本人として残念でならない。好きこのんで避難して暮らしている人がいるだろうか。

  木曜日の昼にNHKで毎週あります。是非、見て下さい。


「米沢の集い」案内

と き  4月27日(土)午後3時~5時
ところ  置賜総合文化センター(米沢市金池3丁目)
内 容
    ①DVD上映「原発に奪われた いのちと暮らし」
    ②福島から避難されている方々の思い。
    ③うたごえ
    ④「さようなら原発米沢宣言」

   *どなたでもお気軽に参加下さい。照会先:米沢地区平和センター・℡21-0191

写真/上・4月21日の4月では珍しく雪が積もりました。写真上・隣の家のニンニク。写真下・我が集落の土場橋より吉野川。
e0131541_13245618.jpg
e0131541_132531100.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2013-04-25 12:50 | その他

雪国に住む春の喜び

   今年の雪国の冬は、特に長く厳しく寒く感じた年であった。そして、ようやく雪が消え春が訪れ、桜の便りが聞かれる季節となった。

   この季節は、雪国に住むものだけしか味わうことが出来ない春の喜びでもある。

   以前、沖縄に3月観光で行った。あの当時山形は雪。沖縄は温かく半袖シャツ。花は花盛り、ヒマワリやコスモスまで咲いていた。全然季節感がない。

   小生は観光で行くのは良いが、沖縄に住みたいという気にはまったくならなかった。

   今年も、福寿草は雪の消えるのを待っていたかのごとく、黄色い鮮やかな花を咲かせてくれる。そして、スイセンが咲き乱れ、熊野神社前のしだれ桜もみごとである。我が爼柳にも春爛漫の季節がやって来る。(爼農地水環境通信No75号・h25.4.15)


写真/ 福寿草 1組の渡部芳徳さんの庭には、黄色の鮮やかな花に思わず心がほぐれました。
(h25.4.12)
e0131541_694389.jpg
                               
[PR]
by kinchan-kb | 2013-04-15 06:00 | 俎柳農地水環境の会

尾瀨の案内

  今年の社会人講座一泊研修旅行7年目は、隣県でありながら「尾瀨に行ったことがない」という声を聞き、是非、行って見ようとなりました。

  以前、職場旅行で尾瀨の山小屋に泊まり、小さな部屋に押し込められ風呂は石けん使用禁止等で、ある先輩から不評をいただいた記憶もある。

  部落の旅行でも一時間も歩くのは無理ダメと提案は否決されたこともあった。

  東日本大震災で、ガソリン、たばこ、食料品がなくパニック状態になったのは、2年前でありながら、震災のことは忘れたかのごとく、今は元の生活に戻り節電の声も薄らいでいる。

  私たちは、もう一度あの震災を教訓として生活スタイルを見直す必要があるのではと考える。それにしても、尾瀨は素晴らしい。こんなに近くにありながら行かないのは損。歩けるうちに行きましょう。長蔵小屋に泊まり、ニッコウキスゲの群落と尾瀨沼をのんびりと散策し、大自然を大満喫しましょう。(社会人講座おいたまたよりNo29号・キャンパス・h25.4.10)

写真/南陽スカイパークにて(h25.3.27)
e0131541_21583653.jpg
e0131541_2159576.jpge0131541_21592115.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2013-04-11 21:52 | 社会人講座おいたま

南陽市新文化会館建設計画に一言

   南陽市が平成27年秋のオープンを目指して新文化会館を建設する基本設計が明らかとなった。建設総事業費45億円を含めた予算案が先月の臨時市議会で全会一致で可決したと報じられた。


  その内容は、最大1300人収容の大ホールは木造耐火・耐震・耐雪。それも、市内産の杉材を使っての地産地消。冷暖房は木質バイオマス燃料。加えて、有利な国からの補助金が3分2。市民負担は当初約24億円から約15億円と試算。

  大型の木造耐火建築物では全国初。大規模な芸術文化イベント興行が上演できる等、良いことづくめで口の挟む余地はない。

  我が家も18年前新築。当初は親も子もいて部屋も多く取った。今は我々夫婦だけ。トタン・外壁塗装、ボイラー更新等々出費多端。我が家のようにハコモノは造ったが、維持管理にどれほどかかるのかと聞きたい。(社会新報南陽通信No60号・庶民雑記・h25.4.5)


写真/今は雪が消えましたが、遅い写真ですみません。(h25.3.22・南陽市中ノ目にて)
e0131541_2147981.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2013-04-09 21:42 | 庶民雑記