<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

さようなら原発 米沢のつどい(案内)

e0131541_09363122.jpg
さようなら原発第22回 米沢のつどい

講演:理と利が一緒になって力となる・レインボープランから置賜自給網構想まで」

講師:菅野芳秀さん(レインボープラン虹の駅理事長)

日時:3月28日(土)14時~16時

会場:米沢市すこやかセンター(米沢市西大通り1-5-60)

お問合せ:☎0238-21-0191


写真/白鷹町横田尻から葉山を望む(h27.3.21)


[PR]
by kinchan-kb | 2015-03-24 09:36 | その他

南陽市9条の会学習会案内

e0131541_09230283.jpg
南陽市9条の会第18回学習会
「沖縄 辺野古で見てきたこと」の報告とDVD鑑賞&フリートーク

語り手  小林茂樹さん(農業・南陽市九条の会運営委員)

日時:3月28日(土)午後2時~4時
場所:南陽市沖郷公民館(防災センター)

資料代:300円

主催:南陽市9条の会・事務局:☎090-6229-1971

*今回は、小林茂樹さんが2月に辺野古に行って、見てきたこと・思ったことを、DVDを見ながら話していただきます。

昨日、沖縄知事は「辺野古の作業停止を沖縄防衛局に指示した」菅官房長官は「中止理由ない」と強気の姿勢崩さず。

このままでは、大変なことになります。是非、話しを聞いて下さい。


写真/南陽市ハイジやパーク付近にて(h27.3.15)





[PR]
by kinchan-kb | 2015-03-24 09:24 | 9条の会

信じ実行してきたこと

チェルノブイリ原発事故による放射能の影響をうけた子供たちを転地療養のために日本に招待する活動を長年してきたNPO法人「チェルノブイリへのかけはし」代表の野呂美加さんのお話を聞いた。

  福島から避難している多くの若いお母さん達も聞き入っていた。

  話しの中で、玄米食や味噌、EM(有用微生物群)が放射能低減に効能あるとのこと。小生も若い時、薬の副作用で肝臓を害し、その時から玄米食は40年以上食べ続けている。
 
  農地水活動で味噌が免疫力を高める発酵食品であることも知った。EMは10年前から農業や医療、環境等に素晴らしい効果があることを教えられている。

  それが、野呂さんの口から聞くとは思ってもいなかった。信じ実行してきたことに意を強くする自分。(爼農地水環境通信No99号/h27.3.15)

写真/米沢にも素晴らしいお雛様・米沢市中央3丁目にある老舗織本「白根澤」で歴史ある貴重なひな人形が展示されていました。h27.3.5
e0131541_12563250.jpg
   
[PR]
by kinchan-kb | 2015-03-17 13:07 | 俎柳農地水環境の会

TPPあきらめないで

東京大学教授 鈴木宣弘氏からのメッセージ

 我が国の農産物市場が閉鎖的だというのは間違いである。実は、日本ほどグローバル化した食料市場はないといってもよい。我々の体のエネルギーの60%もが海外の食料に依存していることが何よりの証拠だ。関税が高かったら、こんなに輸入食料が溢れるわけがない。
 
  わずかに残された高関税のコメや乳製品等の農産物は、日本国民にとっての一番の基幹食料であり、土地条件に大きく依存する作目であるため、土地に乏しい我が国が、外国と同じ土俵で競争することが困難なため、関税を必要としているのである。
 
 WTO(世界貿易機関)による多国間の関税削減交渉でも、大幅な関税削減を求められる可能性も出てきている。規制緩和さえすれば、すべてがうまくいくというのは幻想である。自由貿易協定で仲良くなれば、日本で食料を生産しなくても、日本人の食料を守ってくれるというのである。これは甘すぎる。EU(欧州連合)も、あれだけの域内統合を進めながらも、まず各国での一定の自給率の維持を重視している点を見逃してはならない。いまこそ、国民的な議論を尽くすべきときである。(農文協・食と農の応援団メッセージ抜粋)
*追伸:「現代農業」4月号p350-(TTP交渉、公約はどうなったのか)も是非読んで下さい。事務局

爼農地水環境通信No99号・h27.3.15より

写真/北帰行を待つ白鳥(南陽市爼柳爼土場橋より・h27.3.9)

e0131541_12472657.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2015-03-17 12:48 | その他

集団的自衛権の意見書南陽市議会で採択

集団的自衛権は、憲法9条で堅く禁止している。歴代政府は「行使は憲法上、許されない」としてきた。
 それが、昨年7月安倍内閣は、国民の反対を押し切って、集団的自衛権の行使容認の閣議決定を行った。

  南陽市12月議会に南陽市9条の会が「集団的自衛権の行使に反対する意見書」を提出。本会議では傍聴席がほぼ満席の状態で開会された。

  開会と同時に休憩となり、総務委員会で再度協議され、文言の一部が削除され再開され、本会議で全会一致で採択された。

  髙橋一郎議員や九条の会、平和センター等のご尽力に感謝する。今後、改憲に向けて自民党の圧力は強まるであろう。統一地方選が始まる。改憲の道を許さない議員を増やさなければならない。(社会新報南陽通信No83号/h27.3.1)

写真/ 春の訪れ 南陽市爼柳互橋より・h27.2.25

 昨年12月から3ヶ月間、太陽の恵みを受けたのは15日間だけ。雪国の置賜にも、ようやく日差しも春めき、春の訪れる感じる季節となりました。


e0131541_12064540.jpg
 


[PR]
by kinchan-kb | 2015-03-06 12:09 | 庶民雑記

統一地方選で「世直し」を

国民をバカにする安倍首相
 安倍首相は、衆議院選挙で国民の信をえたとして、選挙中はほとんど触れなかった集団的自衛権行使のための法案を整備しようとしています。国民の多くが反対しているため、統一地方選の争点になることを恐れて、選挙後の国会で審議するという相変わらず国民をバカにしたやりかたです。

地方から「平和と福祉を壊すな!」の声を

 昨年の滋賀、沖縄県知事選から今年の佐賀県知事選までの与党が推す候補が落選しました。頭ごなしに一人勝手な政治を行おうとする安倍政権に対するNO!の声です。今度は、私たちが統一地方選で声をあげる番です。(社民党チラシより・h27.2.20)
写真/米沢市赤崩にて/h27.2.8

e0131541_11545702.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2015-03-06 11:58 | その他