県縦断駅伝 南陽東置賜総合V2

第58回山形県縦断駅伝大会が4月27日から3日間に渡って開かれた。

昨年、南陽東置賜は3日間の完全優勝を果たした。
この件については、県外の箱根駅伝経験者を南陽市役所職員に採用してのため、塩田秀雄南陽市長に対する市民の批判がある。

それでも、やはり地元民としては勝たせてやりたい。特に、今年から新監督となった鈴木輝生監督は私も前から知っていたが、実に人柄も良く、若い人の面倒見が良い。箱根経験者ばかりではなく、鈴木輝生監督の存在は大きいと思う。

最終日の29日、南陽中継所は約2,500人の人たちは応援した。特に、中学生の応援は素晴らしかった。

そして、寒河江西村山チームがだいぶ遅れてきたが、最後までみんなが応援していた。地元の南陽東置賜は走ってきたから、あとは終わりという事なく南陽市民として素晴らしいと感じた。
e0131541_21313039.jpg
e0131541_21314820.jpge0131541_21321214.jpg
[PR]
by kinchan-kb | 2013-04-30 21:03 | 地域情報
<< 脱原発230(さようなら原発 ... 地区メーデー >>