水害雑感

 このたびの水害で赤湯の被害が甚大であることを近くに住みながら全国放映され、テレビで知った。

 我が集落でも西組に住んでいる小生たちは、一組の方が公民館に避難したことも、東組の皆さんが苦労なされたことも知らない状況であった。

  最初の市議会議員による被害現地見回りでも爼柳の農地被害に関しては把握されていなかった。同じ地域に住んでいながら知らないことが多い。

  我が集落の田んぼ被害も深刻で、被災水田を見ていただきたいと募ったボランティア。予想以上の方々からご協力いただいた。雨の中、暑い中、足下が悪い中、黙々と作業なされているお姿に感謝の気持ちで一杯でした。
  最近はゲリラ豪雨、人ごとではありません。区一丸で河川整備の要請を。(爼農地水環境通信No92号・h26.8.15)
写真/水害を乗り越え、豊作が期待される穂ぞろいした水田・ 爼柳フラワーロードにて(h26.8.12)
e0131541_05420122.jpg

[PR]
by kinchan-kb | 2014-08-25 05:51 | 俎柳農地水環境の会
<< 南陽市長選雑感 水路農道復旧支援① >>