今冬の大雪に思うこと

東日本大震災当時、海辺に住んでいて津波にあうより、雪が多くとも我慢しなければと言い聞かせていたものの、今冬の大雪には正直言って我慢の限界を通り超していませんか。

12月初旬から降り続き、2月に入っても容赦なく降り積もっています。12月から今まで太陽の恩恵を受けたのは9日間だけです。雪国では屋根の雪下ろしや室内の暖房費、除雪機の購入、消雪設備、通勤渋滞等々と数え切れない雪による出費です。税で雪国控除を切望したい心境です。

  ところで、新しい公民館の利用が少ないのは残念です。核家族が進む中で暖房費は雪国に住む私たちに重荷になっています。予算がなければ利用者負担で気軽に公民館の利活用が出来ないでしょうか。(爼農地水環境通信No98号/h27.2.15)
写真/そば打ち教室・2月11日(水・祭日)爼柳公民館*今回、髙橋奈緒実さん(3組)のご指導で、10割ソバに挑戦。食べてみたら、美味しさは格別でした。
e0131541_12493345.jpg
 
[PR]
by kinchan-kb | 2015-02-18 12:55 | 俎柳農地水環境の会
<< 「さようなら原発米沢のつどい」案内 極楽浄土の気分 >>