トップの発言が本当に正しいとは限らない

安倍首相が就任して4年前のこのコラムで「安倍首相は支持率の高さで自信を強め海外でも熱弁。集団的自衛権の行使容認発言はもっとも危険なのに、自信を持って話されると、人間本当のように聞こえるから不思議なものです。


トップの発言が本当に正しいとは限らない要注意」と述べたが、その後も、やりたい放題。それでも安倍首相の支持率は50%台を保っていた。ところが、東京都議選で自民党惨敗で内閣支持率急落。安倍政権批判報道自粛が解消したかのよう最近のマスメディアの変わりようは目を見張るものがある。

国民もマスメディアも積もり積もって爆発したのだろう。4年という道のりは長かったが、天はバランス感覚はたしかにあると確信する。(社会新報南陽通信no112号・h20.8.1号)

[PR]
by kinchan-kb | 2018-01-03 15:58 | 庶民雑記
<< 北朝鮮弾道ミサイルとアラート速報 孫を見ていると、いつまでも平和... >>