北朝鮮弾道ミサイルとアラート速報

8月29日朝、私は自宅にいた。防災無線の音がするがわからない。ラジオは北海道、東北・関東等に危機を伝え地震かと思った。テレビを見ると、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したというJアラートの速報であった。

ミサイルを撃破する能力があると言われているのに。広範囲な緊急情報には違和感を感じた。その後にお会いした人は口々に「怖かった。恐ろしかった」等々の声ばかり。安倍首相は私邸住まいと聞くが早朝より官邸での記者会見。

ひねくれ者の私は、なにかげせないものを感じた。北朝鮮に対しては厳重に抗議するものの、北朝鮮の脅威・日本の軍備力増強が心配だ。武力では平和は守れないことは歴史が語っている。根気強く対話の外交を願う。(社会新報南陽通信no113号・h29.9.5)

[PR]
by kinchan-kb | 2018-01-03 16:08 | 庶民雑記
<< 近藤洋介候補者に投票する トップの発言が本当に正しいとは... >>